心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ボランティアスタッフ ( 26 ) タグの人気記事


2017年 05月 18日

2017年4月アペルイ便り

今年の屋久島は4月になっても山は雪が降るほど、寒い日が続きましたが、さすがに里ではだんだんとポカポカ陽気に。

f0258061_6492456.jpg

毎年アペルイに遊びにやってくるミックスとまるちゃんが、海に行ってイソモン(いろんな貝)を採りに

f0258061_6515646.jpg

塩をつくりながら薪ストーブで焼いて新鮮な貝たちを食べました。

4月は台湾のほうからやってくる流れ藻が屋久島にやってくる季節です。その藻にたくさんの魚の赤ちゃんたちが隠れて旅をしています。その中にブリの子も住んでいて、モジャコ漁はそのブリの子をターゲットに、捕獲し、成長させて、ブリ業者に売るという漁ののスタイルです。

その他の魚たちは売れないのか、大量に友達の漁師さんからいただきました。揚げて、南蛮漬けにして食べたらとても美味しいです。

f0258061_755281.jpg


こんなにたくさん。食べても食べてもなくならず、内臓を取りきれなかった小魚は腐らせてしまったほど。お腹いっぱいになるのに大体50匹ぐらいだったかな、この小魚たちを大きくなってから食べたら、1匹で家族みんながお腹いっぱいになるのになあ。海からどんどん魚がいなくなる現実を考えると。。毎年考えさせられる時期でもあります。

f0258061_712114.jpg

トビウオも大量の時はたくさんいただいて嬉しい海の恵みが続いた4月でした。
大いなる海の惑星に感謝っ!

f0258061_7165932.jpg

ハル君も藻に隠れて旅をしたいのかな。

f0258061_6553540.jpg

アペルイ農園では、今年はジャガイモがよく育ってくれました。食べる分だけ収穫するスタイルは新!新!!新!!!新鮮で最幸です。

f0258061_7242791.jpg

去年の11月に植えたラッキョも収穫の時期に。

f0258061_7274495.jpg

シンガポールからやってきたオードリーとディオナが大量のラッキョを収穫してくれました。そのそばでは桃の花が満開。今年はジュシーな桃が食べられるかな。

f0258061_7542319.jpg

子どもたちと一緒に味噌づくり。

f0258061_7552137.jpg

フランスでデッサン教室をやっているマラリー。農作業が終わる夕暮れ時、いつも絵を描いていた。夢中になってる大人の姿は子どもの心に火をともす。

f0258061_80920.jpg

島を出る日。素敵は絵を置いていった。

f0258061_752997.jpg

ベルギーの高校を卒業して日本にやってきた18才サスキア。初めての火の料理。初めてのケーキ作り。

f0258061_86427.jpg

今年は鳥によるビワの被害が少ないように感じます。近所の方が好きなだけ持っていっていいよと言ってくれたので、みんなでとりに行くことに。

f0258061_88235.jpg

今年は桑の葉っぱでお茶づくりに挑戦。

f0258061_884773.jpg

乾燥させてモミモミして。。。うまいっ! ついにお茶の自給も念願叶った。嬉しい〜

f0258061_8145397.jpg

これまた近所の方が、竹の子ほりに子どもたちを連れて行ってくれました。

f0258061_8161849.jpg

大きな竹の子をたくさんとってきてくれた。

島の人、海の向こうからやってきた人、海の生きもの、農園の生きもの。
多くの人たち、生きものたちに支えられながら、4月も豊かな暮らしを営むことができました。
ありがとうの日々です。
[PR]

by wazofamily | 2017-05-18 06:45 | 自然に生きる
2017年 04月 03日

3月アペルイ便り

f0258061_17522787.jpg

3月のはじまりはニワトリ小屋作りから。カナダでは「チキン・クープ」っていうみたい。

「日本の家づくりを体験したい」というカナダ人のサムからリクエストをもらった。やりたいことが明確化されてる人に出会うと何か協力したくなるのは人間の性なのか。自分も多くの人の助けを借りて日々暮らせてます。でも、さすがに家づくりは時間的にも経済的にも不可能だったので、日本の在来工法でゴージャスなニワトリ小屋を作ることに。ニワトリ小屋はこれで4軒目。今回こそ、壊れない、ヘビの入らない、パーフェクトのニワトリ小屋を!

基礎作りに2日。木材のきざみに1日。そして、棟上げに1日。

f0258061_17573931.jpg

カルフォルニアからやってきたツバサと近所のダイゴくんが手伝ってくれたから、計4日で棟上げ完了。人が繋がると一気に物事が進んでいって夢がどんどん形になってゆく。

f0258061_1815547.jpg

棟を上げが終わって棟梁のサム、とてもいい顔してた。

f0258061_1872938.jpg

棟上げが終わって、ウーハーのみんなと安房川へ遊びに。

f0258061_1814796.jpg

今年はポンカン同様、タンカンも大豊作!農家さんが採りきれないほどにたわわに実り、そのまま実らせてると、木が弱るから収穫して持って行ってもらいたい。というありがたいお願いをもらって、みんなで収穫しに行くことに。

f0258061_18171820.jpg

青空の下のハーベストタイム。みんな、にっこり。
太陽の光と大地でこんなにも美味しいフルーツが生み出されることに、しみじみと感動。地球ってやっぱりすごい!

f0258061_1895180.jpg

たくさん採れたタンカンはしぼってジュースとジャムに。

f0258061_18275481.jpg

今年は毎月、餅つきしてるなあ。餅つきってなんでこんなにも幸せな気分になっちゃうんだろう。

f0258061_1827179.jpg

長年使っていたコンポストトイレの小屋が不要になって1年ぐらい。いつも寂しそうにしていたので、新たなお役目を与えて、大移動することに。

f0258061_18204159.jpg

大学を休学してやってきたソクちゃんが内装工事をして、見事農作業の道具を置く物置へと変身。1日で作った簡素な小屋、もう今年で4年目。まだまだ頑張ってくれそうです。

f0258061_726856.jpg

竹やぶに竹を採りにも行きました。何のためかというと・・・

f0258061_7295663.jpg

野菜の赤ちゃんたち(苗)の家を作るため。野生的に育てたい気持ちもあるのだけれど、寒さで成長が遅かったり、虫に食べられたり、強い雨の跳ね返りで土まみれになったり・・・。人間と一緒で赤ちゃんの時は手をかけてやると、びっくりするぐらい成長がよくなります。

f0258061_736953.jpg

ある程度大きくなったら、家をなくしても不思議と虫には食べられなくなってぐんぐん大きくなっていきます。野菜と人間、なんか似てる。

今月は2件の結婚パーティーをアペルイでやりました。

f0258061_7514311.jpg


4年前に屋久島をでて長野に夢を追いにいったガイド仲間のヒルマ君が可愛い嫁さんと子どもを引き連れて還ってきた。天気も人も晴ればれ!最幸だった〜

f0258061_7495744.jpg


パーティー後は、薪割りを手伝ってくれた。

f0258061_865826.jpg


そして、もう一つの幸せのおすそ分け会は、近所に引っ越してきたダイゴ君とケイちゃんの親族交えての結婚パーティー。

f0258061_812084.jpg

親族のみんな、明るすぎ!

f0258061_834237.jpg

この一族の遺伝子を受け継いで、きっと明るすぎる家族を創りあげてゆくことでしょう。

今月もたくさんの人たちがアペルイを駆け抜けて行きました。みんな今頃なにしてるかな。家族の時間が極端に減って共同生活が続くアペルイ。予定外の家族水入らずの1日がぽつんと出来たので、アペルイの森でテントを張ってキャンプすることに。

f0258061_8125293.jpg


家族だけの時間がなかなかないからこそ、家族の時間を大切に思える。そして、ここにやってくるみんなのことも家族と思える。みんな、たくさんの温かい真心をアペルイに注いでくれてありがとう!
[PR]

by wazofamily | 2017-04-03 17:46 | 自然に生きる
2017年 03月 01日

2月アペルイ便り

今年も2月からウーファーの受け入れを再開!たくさんの旅人が一緒にエコビレッジづくりを手伝ってくれました。

f0258061_6561520.jpg

エコビレッジづくりで最も大事な命の作業は食べものを育むこと。今年は大根が豊作!

f0258061_772932.jpg

エブリディ大根料理。女性陣がいろんな大根レシピをあみだしてくれて、大根は美味しい料理に変身。毎日食べても食べきれないほどとれたので、たくあん、キムチ、切り干し大根に加工して保存食へと。

f0258061_6575684.jpg

2月の恒例作業は塩づくり。塩は一年ぶんを自給していて、アペルイでは薬として重宝してます。
屋久島の塩を食べていると元気モリモリになっていきます。

f0258061_722598.jpg

苗用のボカシづくり。農園のニワトリのウンチと米ぬかとEM菌で。

f0258061_723566.jpg

みんな家族のように我が子と接してくれてます。

f0258061_7253055.jpg

早朝、春田浜まで日の出を見に行ったり

f0258061_7275999.jpg

海で音楽を楽しんだり。

f0258061_7303035.jpg

フランスからやってきたジョナサンとマチルダがフランスのケーキを作り、鎌倉からやってきたマチャの誕生日会。

f0258061_7334520.jpg

カフェの厨房づくりがいよいよ佳境に。

f0258061_7363667.jpg

看板づくり

f0258061_7382719.jpg

子ども対大人の本気のサッカー大会。昼下がり、サッカーしたり木の上で昼寝したり、ギターを弾いたり。サッカーは大人が負けて、モスバーガーのシェイクをおごることに。。。悔しかった〜

f0258061_7485257.jpg

木の上で子どもと歌をうたう絵は、最幸に平和だった。

f0258061_7412759.jpg

マサオが作ったデッキでフランスのパイを作ることに

f0258061_7424195.jpg

島の友達もやってきて焚き火をしながら野外料理。

f0258061_7465262.jpg

最大で8人の旅人が集まったアペルイ。ぐんぐんフィールドを進化させることができた1ヶ月でした。

f0258061_7522560.jpg

旅立って行く個性豊かなみんな。これからどんな夢を膨らませてどんな道を走って行くのか、楽しみでしょうがありません! ありがとう、みんな!
[PR]

by wazofamily | 2017-03-01 06:48 | 自然に生きる
2017年 02月 23日

音楽のオーガニック化

f0258061_7432994.jpg

エコビレッジづくりは、自然を壊さない持続可能なライフスタイルを模索する束縛のない集まり。
国境を越えて有志が集まってきてくれている。みんなオーガニック大好き。

オーガニックの野菜たちに、島の木を使ったオーガニックな家づくり。
手間暇かけて毎日汗を流してます。

そんな暮らしを癒し、心に元気を与えてくれるのが音楽。

だけど、オーガニックマニアの人も音楽だけはインスタントの人が多い。プロの音楽を電気信号に置き換えて聴いてる。電話で聞くより、同じ空間の空気を振動して鼓膜にやってくる妻の生音の方が断然セクシー。そう、音はオーガニックな生音がいい。上手い下手はさておき、気分気ままにポコポコたたけばハートビート。

気分がのってくるとうるさくて周りに迷惑かかっちゃうから、最近は昼休みになるとみんなで好きな楽器をもって海まで行って音楽祭。みんなが創り出したオーガニックな音と、波の音がたまらなく心地いい。

No organic music No peaceful life
[PR]

by wazofamily | 2017-02-23 07:58 | 自然に生きる
2017年 02月 13日

森のステージづくり

f0258061_7315479.jpg

2週間アペルイに滞在してるマサオ。なんでも手伝ってくれる若きナイスガイの24歳。ママチャリで広島から屋久島に20日間かけてやってきたクレージーボーイ。前のカゴにはシーチキンが4つ。そんな彼が、ついにアペルイ状態(アペルイとはアイヌ語で火が灯るという意味で、心にやりたい夢が湧き出してとまらなくなる状態)に入った!

「僕が歌うステージをつくりたいっ!」

そんな彼の熱い想いを形に。アペルイの森のマザーツリーのタブノキの下に、建設開始っ!

思いを形にしてる人って何てイキイキしてるんだろう。ご機嫌のウルトラマンポーズでキメてくれました。
[PR]

by wazofamily | 2017-02-13 07:30 | 造園
2017年 02月 07日

屋久島完熟ポンカンをジュースに

f0258061_06563743.jpg

屋久島のポンカンは年末にハサミを入れていっせいにお正月に出荷されます。理由は市場で相場が跳ね上がるからです。この時期、まだ完熟してない青いポンカンはエチレンガスで処理され人工的に黄色にしているようです。

島でよく言われているのは、「年明けたポンカンの方が甘くなって美味い」

しかし、値は一気に下がってしまうそうです。今期はポンカンの豊作。2月になっても収穫されてないポンカンの木がたくさんある状態で、このまま実をつけていると木が弱るそうです。そんな背景のもと、全部落として持っていっていいという話をいただき、行ってまいりました無農薬のポンカンの森へ。

f0258061_07134843.jpg

家族とイソウロウ中のマサオとこれでもか!これでもか!!というほど食べた後は、ジュースづくり開始っ!15キャリーをジュースにするのに3日を要しました。

f0258061_07230715.jpg
500mlのペットボトル100本以上が冷凍保存され、夏場の農作業の喉を潤してくれることでしょう。屋久島の夏場は果物があまりないから、今年は楽しみだー。


[PR]

by wazofamily | 2017-02-07 06:55 | 食べる
2016年 11月 18日

じゃがいもづくり

f0258061_1103424.jpg

今年は、お米とサツマイモの大量生産を試みたのですが、手伝いに来てくれる人たちが多く、消費量が半端じゃない。このままだととても一年分もちそうもないぞ。。

循環型の農法で、世界中の人たちとの好意で成り立つお金の介在しない経済を屋久島でなんとか実現したい。

よし、次はジャガイモ君に頑張ってもらおう!

僕がガイドになってはじめてレスキュー隊を呼ぶことになってしまったことが4年まえにあった。忘れもしない4月30日。その時の傷病者のキンさんが、何とアペルイの飢餓を救うべく、手伝いに来てくれた!

外人が急に5人とか来ることもあれば、突然いなくなっちゃう人もいて、何も約束されてない不安定で見通しのきかないアペルイ農園経営だけど、こんな嬉しい救世主が突然現れたりしてくれる。

未来が安定していて、未来に予想がついてしまったら、どれだけツマラナイ毎日になってしまうんだろう。約束されてない不安定の日々にこそ、有難いと思える瞬間がたくさん存在してくれている。

気候変動してゆく地球。トランプ大統領によって変わってゆく世界情勢。思考が変わらない与党が動かし続ける日本。新庁舎建設をめぐり変わりゆく屋久島。

そして、去年の疫病で全滅してしまったジャガイモ君たち。さあ、今年はどうなるっ?!

地球は常に変化してゆくからこそ、誠に面白い。
[PR]

by wazofamily | 2016-11-18 11:01 | 農園
2016年 10月 28日

10月の近況報告

f0258061_10321989.jpg

10月のアペルイはガイドはもちろん、お米に引き続きサツマイモの収穫や冬野菜作りの準備でワイワイやってました。 今年は本気で作物の完全自給を目指して「農レボリューション」を始動。エコビレッジの暮らしを体感したいとドイツ、フランス、オーストラリアからやってきてくれたみんながいっしょに汗を流してくれて、アペルイの農園は、今までにない充実ぶりです。
f0258061_10331333.jpg

f0258061_10333229.jpg
f0258061_1033479.jpg
f0258061_1034340.jpg
f0258061_1034361.jpg
f0258061_10345963.jpg

お金の介在しない人との繋がりは本当に温かいです。アペルイの村づくりは定住者で作り上げるのではなく、ゆるやかに自由に旅人が出たり入ったりしながら、予想できない感性がチャンプルされてワクワクのフィールドができあがっていく。そんな新感覚の居場所(村)づくり。世界の人たちと、ガッツリじゃない自由で気ままなゆるい繋がりでできあがってゆく、そんなエコビレッジを創造していきたいな。
10月の近況報告でした〜
[PR]

by wazofamily | 2016-10-28 10:30 | 農園
2016年 10月 02日

地球を遊べる大人に

f0258061_9435799.jpg

「農とかかわる生き方」をテーマに調査にきた大学生との1週間が終わった。
f0258061_9473459.jpg

f0258061_947534.jpg
f0258061_948636.jpg
f0258061_948459.jpg
f0258061_949286.jpg

農業じゃなくて生活の一部としての「農」の魅力をどう伝えるか、楽しくも難しい受け入れ側のテーマでした。僕らが農を暮らしの中に取り込んでいる理由はたくさんあって

自分で育てた命はとにかく美味しい
それを食してると日々生きてることに感謝できる
安心できる健康な食べ物が得られる
輸送のエネルギーを節約できる
途上国の自然破壊を軽減できる
搾取の上に成り立つ貧困を生み出す社会構造から抜けられる
根拠のない自信がうまれる
根拠のない安心感がうまれる
お金に縛られない暮らしができる
遊ぶ時間がたくさんできる
夢追い作業にたくさん時間がかけられる

などなど。まだまだあるけど、1つでも伝わってくれてたら嬉しいな。

一粒から何百もの種を生み出してくれる大地はマジですごい!この大いなるお力をお借りして、お金のトリックにハマらない夢を追い続けられる「地球を遊べる大人」に!
f0258061_950339.jpg
f0258061_951587.jpg
f0258061_9515949.jpg
f0258061_9531365.jpg
f0258061_9533687.jpg
f0258061_9535629.jpg
f0258061_9541013.jpg
f0258061_9542954.jpg

[PR]

by wazofamily | 2016-10-02 09:41 | 農園
2016年 09月 26日

救世主あらわる!

f0258061_9234550.jpg

アユミと僕が所属していた東京農業大学の研究室「農業開発政策研究室」が今年でなくなることに。今年で最後の収穫祭となる政策研のテーマは「農と関わる生き方」。そこでアペルイのフィールドが選定されたようで、農大生が昨日からやってきて新風を吹かせてます。

今日は稲刈りを加勢してくれて大助かり!
f0258061_9244795.jpg

自然農の師、福岡正信さんが育て、幾人もの人の手によって引き継がれ、僕の手に渡ってきたお米「ハッピーヒル」が、収穫の時期に。
f0258061_9253858.jpg

今まで不耕起でやってきたけど、今回は初めて機械を入れシロカキもしたからか、なかなかの穂のつき具合。苗づくりから、たくさんのイソウロウのみんなが手伝ってくれた日々が思い出され、感無量のたまらない幸せを感じながらの稲刈り。

みんなありがとー。

農「業」は大変だけど、農は幸せで楽しすぎる!
[PR]

by wazofamily | 2016-09-26 09:22 | 農園