心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ

タグ:だいこん ( 12 ) タグの人気記事


2017年 01月 23日

大地に預金すると勝手に高額利子がつく貨幣

f0258061_782248.jpg

1ヶ月の旅を終え、屋久島に帰ってきました。車に寝泊まりしたり、友人宅に泊めてもらったりと、極力お金を使わない旅をしてきたけど、土から離れるとやっぱりお金をたくさん使うスタイルに強制的に移行してしまいますね。

お金は使えば減る一方、銀行に預けてもほとんど増えないけど、野菜の種たちは大地に解き放つと、とんでもないことになっていきます。去年まいた野菜の種たちは1万倍ぐらいの大きさに成長して、旅から帰ってきた僕らの心と胃袋を満たせてくれました。昨年、農大生たちがまいてくれた大根。とても食べきれないので、家族一同、今年初仕事は、大根ハーベストフェス!
f0258061_7285965.jpg

サツマイモや大根といった根ものの野菜収穫は、楽しく絵になります。
f0258061_7294218.jpg

ジャガイモの時は不機嫌だった次男坊も今日は楽しそう。大きな大根は一人では抜けないので、間引き菜の小さな大根を抜いてもらいました。我が家では、この時期大根の葉を炒めて毎日のように食します。外食続きで少し体調が悪かったのが、大根の葉を食した途端、一気に復活!医食同源、野菜のパワーはすごいです。そして、その野菜を育んでくれる大地とおてんとう様に感謝の念が自然と湧いてきます。ありがたや〜。
f0258061_7303712.jpg

お金を使って資源を輸入(搾取)するライフスタイルから、土に預金すると勝手に利子が増えていく種という貨幣を使って、奪いあいのない、貧富の格差のない、分け与えるシステムへ。地球には、生きとしいける生きものたちが飢えない巧みなシステムが備わっていて、問題は、地球の能力にあるのではなく、人間が作り出してる資源の分配システムにあると、収穫しながら毎年こんなことをよく思います。

収穫した大根たちは、漬物へと変化させて我が家にさらなる価値をもたらせてくれます。
大根さんありがとう。お命頂戴して、「謝」を感じながらいただきます。
[PR]

by wazofamily | 2017-01-23 07:08 | 農園
2015年 04月 23日

自家採種する幸福感を再び暮らしのもとに

f0258061_17462156.jpg

自然農で育った特大の大根が
たわわに種をつけた

肥料も農薬も大地が元気ならいらない
土ってすごいなあ

心配なのは
悪そうな顔してるこの子が
むしって遊びにしちゃうことぐらいかな

その地その地にあった野菜の種たちを
自家採種する幸福感を再び暮らしのもとに
[PR]

by wazofamily | 2015-04-23 17:45 | 農園
2014年 02月 12日

干し大根

今年は良くできた大根。
トウが立ってきたので、慌てて収穫。
雨が降ってない今のうちに干さねば!
f0258061_16593120.jpg

[PR]

by wazofamily | 2014-02-12 16:59 | 食べる
2011年 04月 21日

朝は漬物

3月に仕込んだ大根の粕漬け(http://kokoloha.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-dfe6.html)と高菜漬け(http://kokoloha.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-be52.html)が出来上がった。
f0258061_11403148.jpg

f0258061_11405060.jpg

大根の粕漬け

f0258061_11411258.jpg

f0258061_1141279.jpg

高菜漬け           

粕漬けも高菜漬けも俊三のおばあちゃん直伝。塩が甘すぎる!と指摘を受けた高菜漬けは、千葉から来たなっちゃんと再挑戦して無事に完成。でも、おばあちゃんの高菜漬けは1年以上常温で保存できる漬物。一ヶ月漬けたうちの高菜漬けは美味しくできているけれど、さて梅雨を越えられるだろうか・・・

粕漬けは思った以上に早く漬かり、味もなかなか!でもやっぱりおばあちゃんの粕漬けとは何かが違う。おばあちゃんに聞くと、一度漬けた一番粕を次に漬ける時にも使うと更に美味しく出来上がるらしい。まだ植わっている大根があるので、次はこの一番粕を使ってみよう。でもその前に、ちょっと発酵した香りがしてきたので一時冷蔵庫に非難非難。

朝は、ご飯と味噌汁とこの漬物たちで最高の朝ごはん!

たなかあゆみ
[PR]

by wazofamily | 2011-04-21 11:38 | 食べる
2011年 03月 08日

お日様の香り

先日、収穫して加工した切り干し大根が出来上がった。
f0258061_223121.jpg


上が屋久島でよく作られている切干大根(もっと太い方がいいらしい)。下が実家にいる頃から食べていた形の切り干し大根。干し葉は煎じて腰湯にすると冷えや腰痛に効くらしいので作ってみた。

大根って干してみるととてもいい香りがする。お日様の光を体いっぱいに吸収した香り。かいでいるだけでなんとも言えない幸せ感に包まれる。

保存として干したけれど、屋久島は湿気がすごくて何でもかんでもカビてしまうので冷凍庫で保存。大根の収穫が終わってなくなった頃に食べてみよう。

そして、粕漬け用の大根。塩をすり込んで樽に漬けること4日。上までしっかり水があがってきていたので、今度は乾くまで日陰干し。1日では乾かなかったのでもう1日、と思っていたら、その夜突然の大雨に・・・。冷蔵庫に入れるスペースもないので、とりあえず軒下に非難してなんとか乾いた感じ。
f0258061_2232617.jpg


これをおばあちゃんに言われたとおり、大根→砂糖→酒粕の順に樽に詰めていく。
f0258061_2235323.jpg

酒粕は、広島の酒蔵で働いている弟から去年大量にもらったものを使った。初めての粕漬け作り。ここ数日は寒波が戻ってきて寒いから常温で置いておいても大丈夫だが、問題はこれから。カビさせないように保存できるだろうか・・・。おばあちゃんに再度電話して漬けた後の管理を聞いてみなくては。

阿弓より
[PR]

by wazofamily | 2011-03-08 22:01 | 食べる
2011年 03月 02日

大根豊作!

以前、今年の大根は使いきりサイズ、という心葉を書いたけれど、その後みるみる太り、あっという間にスが入り、薹(とう)が立ってしまったので、急いで加工することにした。
f0258061_21523672.jpg

またまたおばあちゃんが毎年作っている瓜の粕漬けを大根に変えて作ることに。今回は、作る前におばあちゃんに電話してレシピを確認。

実は先日作った高菜漬けは、心葉を見た俊三のおばあちゃんから、

「あれじゃ塩が少なすぎる!」

とのご指摘をいただき、即作り直し・・・。この前漬けたものは浅漬けで食べることにして、まだ植わっているものが収穫できたら、今度こそおばあちゃんに教わったとおり作る予定。

おばあちゃんの粕漬けは、

①大根を半分に切り塩をよくすり込んで4日間下漬けする。

②4日後、陰干ししてしっかり乾かす。

③乾いたら、大根→砂糖→酒粕の順に重ねて漬ける。

酒粕に砂糖を混ぜて練り粕にしたものを塗るのかと思ったら、板粕ならそのまま一枚はがして大根に重ねればいいのだと言う。一番重要なのは、下漬けと陰干し。ここで塩が少なかったり水分が残っていたら、1年持たず、酸っぱくなってしまうらしい。

長年漬けているおばあちゃんは大根や塩の量を計っているわけじゃないから、「いい塩梅(あんばい)」というのが一番難しい・・・。でもまずは電話で言われたとおり作ってみよう。
f0258061_21422713.jpg

半分に切って塩をすり込んだ大根

f0258061_21424933.jpg

もったいないので葉も一緒に    


今年は早蒔きと遅蒔きをひと畝ずつ植えて、早蒔きの方はスが入っていて歯ざわりが悪いので、千切りにして切り干し大根に。
f0258061_21435744.jpg


粕漬けは遅蒔きのまだ水分たっぷりでしゃきしゃきしている大根(下の写真)を使った。
f0258061_21441734.jpg

 

大根を切っている側で「だいこんあま~い。かあちゃんぱんぶんこ(半分こ)」と言ってバリバリ食べながら私に差し出す洸平。「ほんと~?」と言いながらもらって食べてみるとホント甘い。でも調子に乗って食べ過ぎていると、ちょっとピリ辛なものも。
f0258061_21444783.jpg

f0258061_21445830.jpg

大根を千切りにしていると、近所のヒデカズさんが登場。

「屋久島の切干大根は丸ごとを縦に薄切りにして、半分に切れ目を入れて上を繋げといてひっかけて干すんやで。これを炊いたらうまいぞ~」

と教えてくれた。せっかく屋久島に住んでいるんだから、屋久島の方法も伝承していかなくては、とすぐにまだ植わっている大根を引き抜いて作ってみた。

f0258061_2145311.jpg

昨日までの暖かさはどこへやら。今日は冬の寒さに逆戻りし、カラっと晴れてとっても寒い風が吹いていたので、 大根を干すには最高の天気。1日である程度乾いたので、明日、明後日干せばきっと美味しい切り干し大根ができるだろう。

粕漬け用の大根はどきどきしながら経過を待つとしよう。

私には先生がたくさんいて毎日とても勉強になってます。

阿弓より
[PR]

by wazofamily | 2011-03-02 21:39 | 食べる
2010年 12月 30日

使いきりサイズ?

今年で3年目を迎えた和蔵畑の冬野菜。耕さず、肥料をやらず、防虫もせず、育んできた畑。自然農法で畑や田んぼをしている方の意見では、3年目から土質ががらっと良くなってくるとのこと。それまでは収量が少なくても我慢ガマン、と。

確かに、日照りが続いた日でも、刈った草を敷いた土は程よく湿っていて柔らかいし、年々ミミズや虫も増えている気がする。種を植える前に毎回耕さないと土が固くなって空気が入らなくなる、と思っていたけれど、そんなことはなさそうだ。

ここ2年、一番よくできている大根。今年はもっと太くて美味しいのが期待できるかな!
そう思っていたけれど・・・

寒くなってきたからおでんを作ろうと思い、葉がよく茂った大根を引き抜いてみてびっくり。去年や一昨年よりも細くて短いものばかり。
f0258061_17434662.jpg

f0258061_1744737.jpg

なぜ・・・?植えるのが遅かったのか。土の栄養が乏しいのか・・・やっぱり土が固くなってきているのか・・・

大根は種蒔きからだいたい60~70日で収穫できる。屋久島は9月に蒔くとまだ暑すぎて虫に喰われてしまうため今年も種蒔きは10月半ば。そこから数えたら今がちょうど収穫期。ちゃんと太っていてもいい時期なのに。これは、自然農をやっている島の知人に聞いてみるしかない。

そんな話をしていると、燻製屋のけいちゃんが、

「野菜の状態にこっちが生活を合わせるのもいいかもね~」と。

なるほど、いろんな手を加えて太くて長い大根を育てるのもいいけれど、その年にできるものに生活を合わせる。葉が大きく茂っているならば、葉をたくさん使った料理を作る。また、小さくてもたくさん植えれば根も十分食べることができるし、1本を1回で使い切ることができるので、冷蔵庫の場所を取ることもない。

毎年同じように作ったつもりでも、天候などによって状態は変わる。人間の方がそれに合わせた生活をする。自家用なので、そんな畑との付き合い方もいいかもしれない。

幸い、今年はもうひと畝時期をずらして植えている。今収穫できる大根がなくなった頃に次がちょうど大きくなっているだろう。次はどんな大根ができるか、これもまた楽しみだ。でもやっぱり畑の状態も気になるから、先輩農家に聞いてみよう。また更に畑が楽しくなるかもしれない。  阿弓
[PR]

by wazofamily | 2010-12-30 17:41 | 農園
2010年 02月 13日

先人の教え

やはり守らなければ。
改めてそう思いました。

一週間前に干した大根に悲劇が・・・(2月7日の心葉)

干した次の日から屋久島は暴風&突然の大雨、そして気温は20度以上、という不思議な天気が続き、大根を広げたザルはほとんど外に出せず、家の中に入れっぱなし。
その間、突然暖かくなって活動し始めたアリが寄ってきたり、洸平にぽいぽいされたり、すず(飼い猫)に踏まれたり・・・

明日こそは外に!と思っていたら・・・
f0258061_19430100.jpg

やってしまいました・・・
すぐに天気予報をチェックして、乾燥して気温の下がる日が来るまでは冷蔵庫に閉まっておけばよかったのに、室内でも少しずつ乾くかも!なんて安易なことを考えていたために、大失敗。
せっかくいただいた大根が全部ダメになってしまいました。
根占(鹿児島県)の農家のお父さんお母さん、本当にごめんなさい。

やはり、大根を干す時は空気が冷たくカラとして寒風の吹く日がいい、という先人の教えを無視しちゃいけなかった・・・
失敗して改めて気付かされました。
次は失敗しないぞ!   阿弓
[PR]

by wazofamily | 2010-02-13 19:42 | 食べる
2010年 02月 07日

保存食

お正月にお世話になった根占の農家の方から、ピーマンやジャガイモ、大根が届いた。
入っていた大根は、和蔵園で作っている大根の3倍はあるんじゃないか、というくらい大きかったので、俊三のおばあちゃんが去年教えてくれたハリハリ漬け用に切って干すことにした。
f0258061_1927314.jpg

去年買って以来、なかなか出番のなかった平たいざるが大活躍。

大根を干す日は、空気が冷たくカラとして寒風の吹く日がいいらしいのだが、今日はほとんど風がなく曇っているのであまり適していなかったかも・・・でも、何日かすれば乾くかな。

乾かしている間に鳥とかに食べられないかなぁ・・・なんて心配していると、やっぱり来ました、洸平くん。
f0258061_19291053.jpg


今日は、もう1つ。

おばあちゃんが送ってくれるみかん。屋久島は、ぽんかんとたんかんが採れるので、なかなか2人だけでは食べきれない。

この前は、ジュースにしてケーキに入れてみたけれど、絞ったままのジュースは冷蔵庫であまり日持ちがしない。夏のために冷凍保存しておきたいけれど、冷凍庫がそんなに大きくないのでそれもできない。

そこで、絞ったジュースを鍋で煮てソースにすることにした。相当な時間火にかけておくので、ガスではなく七輪で。

じんわり燃える炭火の上で、小さくことことことこと。部屋中にみかんの香りが漂う。なんだかほっと心が温まる。
f0258061_19293697.jpg

ことこと煮ること約2時間。10個以上あったみかんが1つの瓶に収まった。これならかさ張らないし、冷蔵庫でもしばらくは持ちそうだ。しかも、砂糖を入れていないのに、と~っても甘い!!もし夏まで持てば、炭酸で割ったり、アイスにかけたりして食べるといいかも!!
f0258061_19295855.jpg

自分たちで全ての食べものは自給できないけれど、親戚や友人、お世話になった方のお陰で毎日楽しく食事ができる。

お金ではなく、みんなが作った物を交換して暮らしていけたら、それだけで幸せだ。
いただいた物を大切にしていこう。  阿弓
[PR]

by wazofamily | 2010-02-07 19:25 | 食べる
2009年 09月 13日

一生を全うする

暑く、雨の少なかった夏が終わり、屋久島にも秋の気配が漂い始めた。
少しずつだけど雨が降り、土に潤いを与えている。

そろそろ、冬野菜の準備。
去年は、引っ越してきたのが10月半ばで、それから荒地を開墾して畑を作ったため、冬野菜を植えるのが遅くなってしまった。
しかも、肥料を全く入れず、刈り取った草を敷いた畝に種をばら撒きした程度。
それでも大根や小松菜は豊作だった。

あれから1年
畝を立てて以来1度も耕していない畑は、今年どのくらい豊かになっているのだろう。
逆に、痩せてしまっただろうか・・・

なんて考えながら、夏草を刈っていた時、
土にぽっかりと穴が。
よく見てみると、種用に残しておいた大根の根が、繊維だけになって朽ちようとしていた。

f0258061_2117532.jpg


機械などで耕してしまえば気付かない、
1粒の種から実った生命が、土に返り、一生を全う(まっとう)しようとする姿。

豊かな実り、そして豊かな土をありがとう


阿弓
[PR]

by wazofamily | 2009-09-13 21:14 | 農園