心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ

タグ:うめ ( 8 ) タグの人気記事


2013年 07月 08日

お日様に感謝

今年は、梅雨入りが早かった上に、屋久島に来てから一番雨の多い梅雨を経験した。
地元の方たちも会う度に、「今年はすごいね~」と言っていたので、相当だったんだと思う。
連続何日、洗濯物を部屋干ししたかな・・・

さて、今年で4回目になる梅干し作り。
去年同様、今年もカビが・・・
今年はこの梅雨のお陰で去年よりもすごかったため、途中で2度ほどカビをすくい出し、梅酢は煮沸。
煮沸するといい菌まで殺してしまう気がしてためらったけど、土用干しまでにまたカビが生えそうだったため、ごめんね、と言いながら煮沸消毒・・・
土用入りまで待ってられなくて、梅雨が明けてお天気が続きそうな今日から、土用干し開始!!
f0258061_13415011.jpg


毎回、完成した梅干しは常温で保存しているけれど、全くカビないどころか、時が経つ程に味がまろやかになってくる。
ザルに梅を並べながら、お日様の力ってすごいなぁ~と改めて感謝の念が湧いてくる。
また、それを発見した昔の人たちにも感謝。

梅の力、塩の力、お日様の力、先人の智恵が詰まった梅干し
今年も感謝していただきます。
[PR]

by wazofamily | 2013-07-08 13:51 | 食べる
2013年 05月 31日

雨の日は梅仕事

俊蔵の実家福岡から10kgほど青梅が届いた。
何も手入れしていない放ったらかしの梅の木にたくさん実が付いたけれど、自分の家だけでは処理しきれない、ということで俊蔵のお母さんが知人からたくさんいただいたらしい。
自然栽培(無農薬無施肥)の梅をネットで探していたけれど、驚く程の値段だったり既に予約完売だったりして、今年はご縁がなかったなぁと諦めていたので、とっても嬉しい贈り物!

雨の日は、畑の手を休めて梅仕事♪
f0258061_13502899.jpg

ザルの梅は、梅干し用
手前の大きな瓶は、梅シロップ
小さな瓶は、みりん梅酒
[PR]

by wazofamily | 2013-05-31 13:55 | 食べる
2012年 07月 31日

24年梅干し 完成!

f0258061_11264879.jpg
梅雨が明けて土用干しを始めた、塩漬け梅。http://kokoloha.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-c11d.html

天気予報では一週間くらい晴れの予報だったけれど・・・
ここは屋久島。そんな簡単に天気予報は当たらない。
海側はカンカンに晴れていても、山を見るとどんより雲。
風向きが変わりちょっと涼しくなると、そろそろ来るかな・・・と梅を干したザルを縁側へ。
そして予想通り、ザァー!!!!!
夕立や夜の雨も多かったから、夜露に当てることもできず、翌朝はしばらく湿気が飛ぶのを待って昼前から干すことも。

そんなこんなで、なかなか人間の都合のいいようには行かない自然と対話しながら、1週間かかってようやく梅干しの完成!

カビで濁っていた梅酢もなんとか殺菌できたよみたい。
今年は、去年よりも少し塩分を控えたからか、フルーティーで食べやすい気がする。

胃腸が優れないときや、赤ちゃんを生んで後産を出す前に飲む梅醤番茶に欠かせない梅干し。今年は大活躍しそうだな。

自然の恵みに感謝しながら、今年も美味しく有り難くいただきます。
[PR]

by wazofamily | 2012-07-31 11:27 | 食べる
2012年 07月 24日

土用干し

f0258061_113040100.jpg

ようやく、梅雨明け!!
今日から続く晴れを利用して、塩で漬けた梅を干すことに。

久しぶりに梅の壺を空けてびっくり!ものすごいカビが表面を覆っていた・・・
もしかしてダメかな・・・とカビを取って匂いを嗅いでみると、梅酢はちょっと濁ってるけどとってもフルーティな梅の香り!まだ大丈夫!!

一粒一粒ザルにあげて天日干し。梅酢も一緒に殺菌。

去年は塩が多すぎてしょっぱかったから、今年は少し減らしてみたけれど、その差がカビとして現れるとは・・・

お天道様、殺菌お願いします(>_<)
[PR]

by wazofamily | 2012-07-24 11:30 | 食べる
2011年 07月 24日

梅干し完成!

7月20日の日中から24日の日中まで干した梅。ようやく梅干しになりました。


干す前は黄色っぽかった梅が(http://kokoloha.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-f860.html)、干し上がると、
f0258061_16474247.jpg


キレイな梅干し色に。

1つ味見してみると、と~ってもしょっぱい!塩入れすぎたかな・・・

でも梅の香りが凝縮されていて、二つとない我が家の梅干し。やっぱり手作りは嬉しいし、愛おしい。

柔らかい梅干しが好きなので、再度梅酢に戻して完成。

f0258061_1648755.jpg

「梅干しの果肉をつぶして胸と背中に貼ると喘息が治まる」と自然療法の本で知り、洸平の喘息が突発的に出たときに、夜何度か試したことがある。確かに、ひどくなる前に貼ると翌朝治っていた。

これからおむすび以外にも重宝しそうだ。


たなかあゆみ
[PR]

by wazofamily | 2011-07-24 16:47 | 食べる
2011年 07月 21日

土用といえば

うなぎ!

いえいえ、我が家では梅の土用干し。

台風が去り、その後はしばらく晴天が続くという予報なので、カンカン照りの中、6月に漬けた梅(http://kokoloha.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/2-ae11.html)を外に干すことにした。


せっかく買った梅を追熟させすぎて痛んでしまったり、そのまま食べられそうなほど柔らかくなったりしたので、梅酢が濁ってしまうかなぁ・・・と心配していたけれど、漬けて3日後に重石を外してみるととっても澄んだ梅酢が上がっていた。香りもとってもフルーティ。
f0258061_16562059.jpg

それから更に一ヶ月以上漬けて、さぁ土用干し!

f0258061_16564684.jpg

4kgくらい漬けたけど、広げてみるとこれくらい。 1つ1つ菜ばしでつまんで並べ、表面が乾いたら裏返す。正に「手塩にかける」だなぁ、なんて考えながら。

真夏の強い太陽の光りに照らされて、塩の結晶が浮かび上がる。

f0258061_16571676.jpg

途中梅酢に漬けて、再びザルの上に並べる。そのまま夜も終わず干し続け、夜露に当ててまた日中の強い日差しに当てる。これを三日三晩続ける。こうすることで、皮と実が柔らかくなるという。

さて、どんな味に仕上がるのだろう。


たなかあゆみ
[PR]

by wazofamily | 2011-07-21 16:55 | 食べる
2011年 06月 11日

2度目の梅干し

昨年、うっかりしていて作るのを忘れていた梅干し。一昨年にけいちゃんたちと作った梅干しがすごく美味しくて、昨年作らなかったことをすご~く悔やんでいた。今年こそは忘れず作るぞ!

そう意気込んでまずは梅探し。有機栽培の梅ならネットで探せばいくらでもあるけれど、できれば地元の梅を使いたい。でも屋久島で手に入れるのは無理かなぁ~と思っていたら、“ぽんたんかん”という地元の野菜なども販売しているお土産屋さんで発見!値段も手ごろだし、粒も大きめ。たぶん無農薬とか有機栽培とかじゃないだろうけど、地元のもので作れる方が嬉しいので、即購入。

嬉しくて嬉しくて、早速ヘタ取りをしたのはいいけれど・・・

梅5キロが入る容器がない・・・と終わってから気付く。今ある物をフル活用してなんとか漬けようと考えたけれど、毎年漬けるなら一生使える物を買った方がいい。急いでネットで瓶を注文。

でも、瓶が届くまでの間に青梅は良い香りを漂わせながら良い色に色付き、瓶が届いた時には既に完熟状態。ちょっと痛んでるものも・・・

きちんと段取りができていなかった、と深く反省しながら2度目の梅干し作りが始まりました。

f0258061_17143660.jpg


f0258061_1715375.jpg

[PR]

by wazofamily | 2011-06-11 17:13 | 食べる
2009年 08月 02日

山のお弁当には、梅干しの入ったおむすびが欠かせない。

でも、近くのスーパーでは添加物や甘味料の入った梅干しばかりで、なかなか美味しい梅干しが手に入らない。
そんな話を友人にしていたら、その友人が去年作った梅干しをくれた。
梅と塩だけで作ったというその梅干しは、とっても美味しかった。
今年も作るというので、私たちも習いながら一緒に作ることにした。
先月の初めに、梅を洗い、ヘタを取って友人お勧めの塩で漬けた。
そして昨日、しばらく晴天が続くという予報が出たので、土用干しをすることにした。
梅をつぶさないように瓶から取り出し、一粒一粒ザルに並べていく。
f0258061_2101399.jpg


梅と塩だけで、とてもきれいな梅酢もたっぷりあがってきていた。
今年は、友人宅にたくさんの赤紫蘇が生えていたので、赤紫蘇も入れることにした。
茎を入れないように丁寧に摘み、塩で揉んでアクを出す。
その後、梅酢で洗うと、とってもきれいな赤紫に変色した。
f0258061_2111246.jpg

塩と梅、塩と赤紫蘇
塩ひとつで、水分を出したり、アクを抜いたり、殺菌したり、旨味を出したり・・・
添加物や甘味料などを加えなくても、塩だけでとても美味しい保存食が出来上がる。
知ってはいたけれど、実際自分でやってみて、先人の知恵の素晴らしさに改めて気付かされた。
阿弓
[PR]

by wazofamily | 2009-08-02 20:59 | 食べる