心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2016年 11月 18日

じゃがいもづくり

f0258061_1103424.jpg

今年は、お米とサツマイモの大量生産を試みたのですが、手伝いに来てくれる人たちが多く、消費量が半端じゃない。このままだととても一年分もちそうもないぞ。。

循環型の農法で、世界中の人たちとの好意で成り立つお金の介在しない経済を屋久島でなんとか実現したい。

よし、次はジャガイモ君に頑張ってもらおう!

僕がガイドになってはじめてレスキュー隊を呼ぶことになってしまったことが4年まえにあった。忘れもしない4月30日。その時の傷病者のキンさんが、何とアペルイの飢餓を救うべく、手伝いに来てくれた!

外人が急に5人とか来ることもあれば、突然いなくなっちゃう人もいて、何も約束されてない不安定で見通しのきかないアペルイ農園経営だけど、こんな嬉しい救世主が突然現れたりしてくれる。

未来が安定していて、未来に予想がついてしまったら、どれだけツマラナイ毎日になってしまうんだろう。約束されてない不安定の日々にこそ、有難いと思える瞬間がたくさん存在してくれている。

気候変動してゆく地球。トランプ大統領によって変わってゆく世界情勢。思考が変わらない与党が動かし続ける日本。新庁舎建設をめぐり変わりゆく屋久島。

そして、去年の疫病で全滅してしまったジャガイモ君たち。さあ、今年はどうなるっ?!

地球は常に変化してゆくからこそ、誠に面白い。
[PR]

by wazofamily | 2016-11-18 11:01 | 農園
2016年 11月 14日

コツコツ平和づくり

f0258061_1050138.jpg

現在、借りている土地を含めると2000坪ぐらいの敷地で、パーマカルチャーの理念のもとエコビレッジづくりをしています。都会人が突然島に移住してきて、素人で開拓してるもんだから、右往左往しながら4年もの歳月を要してしまった。たくさんのイソウロウやウーハーのみんなに助けられ、ようやくメインの農園ができあがった。譲ってもらった土地は、昭和50年に放棄された農地。約40年の時間をかけて、すっかり原野に還っていた。そこをいったん破壊させてもらって、サラ地にして、ここを原生林の何倍もの実りある果樹の森にしていくことが僕の夢の一つになっています。死ぬ時までに、最幸の森になっているようにイメージしながら果樹を植え、日陰になるまで、ここで日々の食事を彩る野菜を育てています。長いようで短かったこの4年間。開拓スピリットに磨きをかけられた楽しい時間だった! 屋久島でのコツコツ平和づくりの途中経過報告でした〜
f0258061_10504468.jpg

4年前の開拓後の写真。ジャングル化してて、なかなか手強かった。コウヘイがまだ小さい。2人の後ろにある木が桑の木。わからず切り落としてしまった。。
f0258061_10511182.jpg

開拓してたらトラックの頭が出てきたのには驚いたなあ。困り果てた僕とは正反対でコウヘイは嬉しそう。笑 譲ってもらった土地は不法投棄の格好の場所だった。たくさんのゴミがでてきた。
f0258061_10513143.jpg

開拓が終わってまずはじめは、大きなニワトリ小屋をつくったのだけど、、、
f0258061_10514710.jpg

2年前の台風で壊れてしまった。。(決してヤギが引っ張って倒れたのではありません)。都会人は自然をなめてると痛い目あいますね。島育ちの人なら1年ぐらいでできることが都会人だと4倍かかってしまいます。でも、それが楽しいっ!
[PR]

by wazofamily | 2016-11-14 10:47 | 農園