心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2016年 09月 27日

弱食強与

f0258061_9312121.jpg

屋久島で自然に寄り添いながら暮らしていると今まで都会で教えられてきた常識に違和感を感じることがある。今日は「弱肉強食」という言葉について。

弱い者は肉となり強い者がその肉を食す。という強烈な恐怖感をうえつけるこの四文字熟語に都会人だった僕は無意識のうちに溺れていたように思う。

自然界において、人間が弱者になることはない。人間界においては、がんばって勝ち組にならないと。

この2つの感情の名のもとに、他の生きものに許しを得ることなく傲慢な態度で自然を破壊しまくり、他国の脅威を不安がる衝動が軍需産業を強大なものにしている。

屋久島の自然と対峙していると、捕食される生きものはいつも穏やかに命を渡していることに気づく。

ニワトリを締めるとき、彼らの態度は、僕にはとてもできないほど静けさのうちにいる。僕だったら、命を他者に譲ることを許容できず、気が狂ってしまうだろう。

写真の見方は自由が基本だけど、この写真だけはセミを主体にどうか見てほしい作品です。セミはヤられたのではなくて、弱者のカマキリに命を譲っているのだと。そういう見方をすると僕の中で不思議とカマキリの怖さがゆっくりと消えていき、カマキリの動きが臆病でコソコソしてるように見えてくるから不思議です。

カマキリの鋭い腕は、現代の人間がやっきになって作り続けている兵器にみえます。

弱い者ほど強力な暴力を渇望し、依存している。

でも、この星がうまく回っているのは、非暴力的で見返りを求めないGiftを与え続けている無言の強者がいてくれるからだと、この捕食シーンに、いやいや、違った。この命を譲るシーンに出会ったときに思いました。

弱食強与。
[PR]

by wazofamily | 2016-09-27 09:29 | 自然に生きる
2016年 09月 26日

救世主あらわる!

f0258061_9234550.jpg

アユミと僕が所属していた東京農業大学の研究室「農業開発政策研究室」が今年でなくなることに。今年で最後の収穫祭となる政策研のテーマは「農と関わる生き方」。そこでアペルイのフィールドが選定されたようで、農大生が昨日からやってきて新風を吹かせてます。

今日は稲刈りを加勢してくれて大助かり!
f0258061_9244795.jpg

自然農の師、福岡正信さんが育て、幾人もの人の手によって引き継がれ、僕の手に渡ってきたお米「ハッピーヒル」が、収穫の時期に。
f0258061_9253858.jpg

今まで不耕起でやってきたけど、今回は初めて機械を入れシロカキもしたからか、なかなかの穂のつき具合。苗づくりから、たくさんのイソウロウのみんなが手伝ってくれた日々が思い出され、感無量のたまらない幸せを感じながらの稲刈り。

みんなありがとー。

農「業」は大変だけど、農は幸せで楽しすぎる!
[PR]

by wazofamily | 2016-09-26 09:22 | 農園
2016年 09月 24日

アペルイ・ファッション・レボリューション

f0258061_16312649.jpg

『食』今年の夏、初めての夏野菜完全自給を達成できた。ゴーヤ、オクラ、ナス、キュウリ、シソ。たくさん育ってくれました。夏のあいだは彼らがいてくれたら屋久島では十分。

『住』ここ2年でメインの「すみか」がだいぶ進み、来年の春までに大方の大工仕事が終わる予定。

そしてずっと後回しにされていた『衣』を、仲間の力を借りて、ついにとりかかることに。すでに完成して1ヶ月以上もたっているのですが、ガイド業が今年は特に忙しく、今日の告知となってしまいました。

農薬で他国の大地を汚しながら、劣悪な環境で労働力を搾取してできあがるファーストファッションの服たち。3枚で1000円の格安Tシャツができあがる裏側では、涙が流れている。裏側を知りたい方は映画「ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~」を是非ご覧ください。

ファッションの価値観に革命を!

やぶけても、なおして着続けてきたモノを大切にする日本の心を再び!

他国の人に正当な対価を支払ってできあがるwin-winの服を!

地球を農薬で汚さないオーガニック素材で!

着れば着るほど味のでてくる愛着のわいてくる服を!

そんな思いで、藍染のTシャツとタンクトップをつくりました。
インドからオーガニックコットンを運び、ネパールのオーガニックヘンプを混ぜて、ネパールの方が丁寧に生地をつくり、宮崎のイロハナのよりちゃんが絵をデザインし、型をつくり、屋久島のCibcabanのひでくん&よねちゃんがひとつひとつ藍染&抜染をして、出来上がりました。地球を移動しながら、幾人もの人たちの愛が注がれできあがった衣です。

ヨネちゃんが商品の紹介を詳しくしてくれています→http://cibcaban.net/archives/28609

完全手作りで染め上げた服なので、少量だけですがお譲りする分までつくれました。
f0258061_16353441.jpg

レディースはワンサイズ(5,200円)
f0258061_16362681.jpg

メンズはMとLがあります(5,500円)
f0258061_163775.jpg

タンクトップは今回男性のみです(5,300円)
f0258061_1638436.jpg

キッズはワンサイズ(4,000円)

最幸の着心地ですよ!

39歳にして、おおよその思い描いてきた衣食住のビジョンがこれで達成できたかな。まだまだ荒削りなアペルイの衣食住。来年やってくる40代はこれらを成熟させながら、ますますこの星を楽しみたいと思っております! このピースTシャツを着ながらね。
[PR]

by wazofamily | 2016-09-24 16:28 | お知らせ
2016年 09月 06日

兄弟

f0258061_16233153.jpg

[PR]

by wazofamily | 2016-09-06 16:22 | 家族