心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 29日

フリーエネルギーとEM菌で糞尿を液肥に

f0258061_7134742.jpg

野菜を育てて、鶏を飼って、家を建てて。創造する暮らしが楽しくていろいろやってる毎日です。そんなライフスタイルでなかなかうまくいってなかったウンチとオシッコの「再」創造。これまでコンポストトイレで何年もやってきたけど、発酵させる手間をかけられずにいて、畑にただ戻すだけという作業をしていた。

「ミミズやウジムシなどによって分解は進むけど、それは「腐敗」いう分解で、野菜たちにとっては好ましくない」

という、僕にとっては衝撃的な話をしてくれた方がこんなアドバイスをしてくれた。

「本当に好ましい分解は微生物による分解なんだよ。」

そこから、微生物への関心が深まり、EM菌の培養をしはじめた。微生物を調べるととても楽しい。地球にオゾン層がなかった時代、たくさんの放射能が降り注いでいたらしいのだけど、その放射能を食べる光合成細菌がたくさん存在していたんだって。今、福島で EM菌を使って米作りをしている田んぼでは、放射能が検出されないそうです。微生物は放射能を食べる!チェルノブイリで日本の発酵食品が被爆した体に良いといわれていたことも、微生物によるものなのかもしれないです。僕の体内に住む1000兆もの微生物の力を信じる最近です。

そんな理由で、EM菌のみんなに、ウンチとオシッコを野菜の栄養に転換してもらおうという考えに行きつきました。そして、その活動を活性化させるためにフリーエネルギーの導入です。

f0258061_7375282.jpg

この円柱のボックスは、今までにない概念と装置で「水」や「空気」などの環境を浄化させることのできるもので、テネモスというフリーエネルギーを研究している組織が開発したマナーウォーターというものです。

自然の法則は、本来「0(ゼロ)=中庸」に戻るように定まっているので、わざとギャップをつくることで、自然に戻そうとするエネルギーを発生させることが出来るそうです。その中でも「低気圧」と「高気圧」といった「圧」をベースとしたギャップをこのマナーウォーターでつくりだすことで「吸引サイクル」という流れが起き、空気中から電子を呼び集めるようになるそうです。

人間も同じであり、このサイクルの人は、自然に電子を集めることが出来るので、病気になりにくかったり、病気になっても自然治癒能力が非常に高いようです。これと逆のエネルギーのタイプが「放出サイクル」であり、現代の世の中は、人間も製品も含めてほとんどがこのサイクルでエネルギー(電子)が抜けていってしまっているそうです。

f0258061_7473672.jpg

このマナーウォーターに屋久島の花崗岩をいれて、ブロアーから送られてくる空気の粒をさらに細かくして表面積を大きくすることで、分解を加速させてくれるらしいです。

f0258061_7495218.jpg

東京の神田川で遊んでいた小学生のころから抵抗のあった地球の血管である川を汚す下水道。自分の家だけはせっせと綺麗にして、汚いものを下水道に流したらあとは知らんぷりのカルチャーを代表する水洗のトイレにとても抵抗があったのだけど、屋久島に住み始めて8年目にして水洗トイレスタート!

流したら自分のライフスタイル内で利用する暮らしを。

2つの500Lのタンクがいっぱいになるころには、匂いはほとんどなくなってます。3日前から畑に追肥としてまき始めてます。野菜たちがどんな成長をみせてくれるのか、これからが楽しみです。

エネルギーの循環がまた一つ深まったアペルイからのお便りでした。
[PR]

by wazofamily | 2016-06-29 07:58 | エネルギー自給作戦
2016年 06月 11日

田植え

今年はアフリカのカッサという農作業をするときに奏でるリズムで、田の神さまを讃えて田植えスタート!たくさんの仲間たちに加勢してもらい無事田植えが終わりました。みんなありがとう。
屋久島は自然も人も本当に最幸っす。
[PR]

by wazofamily | 2016-06-11 15:15 | 農園
2016年 06月 07日

田んぼの代掻き

f0258061_15124051.jpg

田んぼの代掻き(しろかき)を終え、田植えの準備完了!

不耕起の自然農田んぼを目指して、2年間は耕さずに実践してみたけど、稲の成長が悪く収量は、少しだけ。。

刈り取った稲が枯れてしまう本土とは違い、屋久島では、死なずに切り株から稲が復活してくる。雑草の成長もすごい。おそらく地中は、雑草などの根でぎっしり詰まっていて、稲の根が入り込む余地がないといった感じだ。

今年はトラクターで薄く耕して、雑草の根を除去して、土を柔らかくして育ててみます。

二人三脚でやってたアユミが間もなく第三子を産むので、今年は参加できず。ボランティアスタッフのみんなに手伝ってもらいながら、なんとかここまできました。

黄土色に輝く水面は、不耕起でやってきた僕にとっては新鮮な色。さあ、今年の秋はどんな風景になってるかな。楽しみ楽しみ。
[PR]

by wazofamily | 2016-06-07 15:11 | 農園
2016年 06月 04日

弟の散髪

f0258061_157503.jpg

[PR]

by wazofamily | 2016-06-04 15:06 | 家族