心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 12日

ディーゼル車を天ぷらカーに

f0258061_8275259.jpg

屋久島の家庭やホテルなどで揚げ物をした後にでてくる廃油。これを燃料にしちゃう天ぷらカーを作るために広島県にある「桜の山農場」にやってきたよ。

これで、再生不可能エネルギーである石油から持続可能なエネルギー資源へ1速シフトアップできたかな。

再生不可能なものは、地球上でとても大切で貴重だから、お金という武器を使って買(奪)いとって、ジャブジャブ使っちゃおうぜ!という社会構造が自分は好きになれない。大切なものはできるだけ未来に残しておきたい。

f0258061_8284214.jpg


「じゃあ、他に何を利用できるんだろう」

「あっ、俺てんぷらの油でトラック動かしてるぜ」

「えっ、マジっ?!」

「マジっ!」

「じゃあ、俺もそのUFOみたいな車乗りたいから、作るの手伝ってよ」

「いいよ!」

f0258061_829435.jpg


世界を変えることはとてつもなく難しいことだけど、自分を変えてゆくことはとても簡単。1秒先の未来にでも実現できちゃう。自分がその気にさえなれば。そして、この星で生きてる人を仲間と思えれば。

自分にできないことを、できちゃう人は世界中にたくさん存在していて、その人たちと繋がることで、確実に自分の思い描く夢は実現していく。

f0258061_8294127.jpg


天ぷらカーは、ゴールじゃないよ。世界中のみんなが天ぷらカーに移行したら、廃油がとても貴重になって、今の社会構造を生み出す人間の価値観では、奪い合いがきっと起きてしまうから。でも、今は固めるテンプルなんかで固めてゴミ袋にポイッと廃棄して、それをまたエネルギーを使って焼却してる。この無駄遣いをどうにかしたいっていう考えのもと、天ぷらカーはとても可能性を秘めてると僕は思ってます。

でもでも。いつかは、水や空気で車が動く時代が必ずやってくる。こうやって僕が文章を書いている間にも、世界のどこかで熱い車業界の人たちが、奪い合いの起きない燃料で動く車を開発してくれている。

その日が来るまで、今日からこの「革命号」ハイエースを愛車にして、お腹が空いてくるいい香りのする排気ガスを出しながら、屋久島を冒険しにきた老若男女の旅人さんたちを自然の中に連れていくぜ!

f0258061_830981.jpg


革命を支援してくれた耕太郎くん、キャンヤマくん、カイくん、ありがとう!

改造の工程は耕太郎くんがブログに詳しく載せてくれているので、興味のある方は是非読んでみてください↓

1日目の作業工程→http://ameblo.jp/sakuranoyama/entry-12092391222.html?timestamp=1446757834
2日目の作業工程→http://ameblo.jp/sakuranoyama/entry-12092685914.html?timestamp=1446818193
[PR]

by wazofamily | 2015-11-12 08:20 | エネルギー自給作戦