心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 22日

ゼロキャンプはじめました。

f0258061_973249.png

ゼロキャンプはじめました。
http://aperuy.com/camp.html
[PR]

by wazofamily | 2014-06-22 09:06 | お知らせ
2014年 06月 22日

ゼロキャンプはじめました!

f0258061_08033598.png

[PR]

by wazofamily | 2014-06-22 08:02 | ゼロキャンプ
2014年 06月 21日

洸平の優しさとこころの中

お昼寝をしないで一日遊び通し、夕方に少し寝てしまった日
そんな日は、必ずと言っていいほど不機嫌になったり、ちょっとしたことで嗚咽するほど大泣きしたり、足が痛いと言い出す洸平。
始めのころは、「なんでそんなことで!」とか「もーいいかげん泣くのはおしまいにしてー!」と言ってしまっていた。
でも、洸平の気持ちに寄り添っていないことに気づき、最近は、泣き止むまで抱きしめたり、何がそんなに悲しいのか話を聞いたりしていた。
それでも、その時はそれで治まっても、週末の度に同じ状況になる。

なんでだろう・・・ 
どう接したらいいのだろう・・・

要求が単純な1歳の晴とは違って、一筋縄ではいかない5歳の洸平。
何を考えているのか、どう接したらいいのか、分からない時が多くなってきた。

疲れた時に感情を抑えられなくなってしまうほど、普段から我慢させているのかもしれない・・・

最近、日々の暮らしにいっぱいいっぱいになっていて、晴はしてあげないと自分ではどーにもならないから手をかけるけど、なんでも自分でできて聞き分けもいい洸平のにはあまり気持ちを向けられていない。
「これ手伝ってー!」とか、「ちょっと晴のこと見てて!」とか、「そのぐらい自分でやって!」とか、
こっちの要求を押し付けるばかりで、洸平の気持ちに耳を傾けていない。
そんな私の接し方が、疲れた時の爆発に表れているのかもしれないな・・・

そう思い、晴が寝たあと、洸平とゆっくり話す時間をとった。

「洸平にいつもお願いしてばかりで、洸平の気持ちを聞いてなくてごめんね。いっぱい我慢させてるよね」
私がそう言うと、静かに泣き始めた。
そして、ごろごろしながらぎゅーっとして、
「母ちゃん、片づけまだ終わってないんでしょ?行っていいよ」
と涙目で言ってくれる。
「今日は片づけよりも洸平との時間が大事だからいいの」
と言うと、
「いっぱい泣きたくなってきた。でも晴が起きちゃう・・・」
と言って我慢しよーとしていた。

あぁ・・・私はどれだけ洸平を我慢させていたんだろう・・・
優しい洸平のこころの中はいつも泣いていたのかもしれない・・・

そう思うと、申し訳なくて、自分が情けなくて、
「泣きたいだけ泣いていいよ。我慢しなくていいよ」
と言いながらも自分まで泣きたくなっていた。

晴が生まれて、薪暮らしになって、ニワトリがいて、ヤギがいて。
今までよりも一日の時間があっという間に過ぎているこの頃。
洸平もできることはお手伝いして、もちろん晴も大きくなったら一緒に畑をやったり薪わりをしたりしてみんなで力を合わせながら暮らすのが家族だな、と思うけれど、5歳になったしっかり者の洸平には、ついついいろんなことをお願いしてしまっている。
長男だから、お兄ちゃんだから、と言っているつもりはないけれど、それでもやっぱり晴のこともお願いしてしまう。
きっと自分の想いを我慢して、私の言ったことに一生懸命答えようとしてくれているのだろう。
それが疲れたときの大爆発につながっているんだと思う。

子どものこころの声に耳を傾けよう。
その時の感情に心から寄り添う時間を大切にしよう。
それは、夕食をしっかり作ることよりも、洗濯物をその日のうちに片づけることよりも、もっともっと大切なこと。
今しかない、とてもとても大切なこと。
[PR]

by wazofamily | 2014-06-21 23:52 | 家族
2014年 06月 17日

夢中になる姿

お絵描きをしている時の洸平はとても集中していて、楽しそうで、真剣で。
そんな洸平の姿が大好きなのです。

昨日、にじのいえに迎えに行ったら、ともこさんが見つけた白い石(「かけいし」と呼んでいるらしい)で楽しそうに絵を描いていたので、嬉しくなって思わず撮りました。
こんな大きなキャンパスにのびのびを描かせてもらえるなんて。
大好きなことを思い切りさせてくれるともこさんに感謝です。
f0258061_2311048.jpg

[PR]

by wazofamily | 2014-06-17 23:11 | 家族
2014年 06月 16日

立つ鳥跡を濁さず

f0258061_944218.jpg

家づくりがいよいよ佳境にはいってきました。
島の材にこだわって地杉での家づくり。

アペルイでは「ものを大切に。有効に。」をモットーに製材所ででた切れ端をいただいて、外カベ、内壁の下地、窓枠などなど、あらゆる箇所に多用しています。捨てられていくものも、人間の心次第で、まだまだ使い道はある!

切れ端を使うと、使えるものと使えないものに分別する時間がかかる!加工に手間がかかる!製材されたものを買ったほうが人件費を考えたら安い!といって切れ端は捨てられていく。

効率優先、経済優先の日本。

ゴミを大量に生み出す大量生産→大量消費→大量廃棄の社会のしくみは子どもたちの未来のために本当になっているのだろうか。

立つ鳥跡を濁さず
だけど地球はなぜかゴミだらけ

写真は分別中の杉の切れ端。
使えないものは料理とお風呂の薪に。
気分は石油王の気分であります。
[PR]

by wazofamily | 2014-06-16 09:04 | 家づくり
2014年 06月 14日

キャベツ結球

初めてキャベツが結球しました。
肥料を与えないとダメかな、と思っていたけれど、そーではなかったみたい。
苗がうまくいけば、無肥料でもなんとかなるのかもしれない。
売っているものみたいに大きくずっしりとしたキャベツではないけれど、パリパリとした食感で塩と胡麻油だけでとっても美味しい一品に。
f0258061_14311624.jpg

[PR]

by wazofamily | 2014-06-14 14:31 | 農園
2014年 06月 13日

「日本の自然」写真コンテスト入賞

f0258061_9415830.jpg

第31回 「日本の自然」写真コンテスト(朝日新聞社・全日本写真連盟・森林文化協会主催)で鹿児島県一賞いただきました。

http://www.photo-asahi.com/contest/1/101/result/216/14510.htm
[PR]

by wazofamily | 2014-06-13 09:41 | お知らせ
2014年 06月 05日

冷蔵庫で遊びだす兄弟

f0258061_91350.jpg

子どもにはオモチャを与えない方がオリジナルな遊びを創造する力が身につく。それは、大人になったとき「楽しい人生」を自ら創造できる大事な能力につながっていくと僕は思っています。
[PR]

by wazofamily | 2014-06-05 09:00 | 家族
2014年 06月 03日

毎日が冒険

f0258061_8584714.jpg


棟上げの餅投げで手に入れた小銭がたいそう嬉しかったのか、一日に何度も一生懸命数えてるコウヘイ

「そのお金でアイス買ってみる?」
「うんっ!」

目を輝かせるコウヘイ。

お店でボクは何も言わずじっと見守っていると、さっきとはうってかわって、とてもドキドキしだしたのか緊張した顔つきに変わってしまった。

彼にとったら、相当な冒険だったのかもしれない。
僕ら思春期に初めて実家を飛び出した時のような。

こんな経験をどんどんしていってほしいです。大人の常識をつかって子どもたちの日々の冒険を邪魔する大人にだけはなりたくないなと思った瞬間でした。

自分で手に入れたアイスを嬉しそうに食べるコウヘイの顔を見ていると
冒険は人生を豊かにする最高のスパイス!

子から学ぶことは多大です。
f0258061_85952.jpg

[PR]

by wazofamily | 2014-06-03 08:57 | 家族
2014年 06月 03日

「父ちゃん見て~。かっこいい?」

f0258061_8563295.jpg

コウヘイくんの最近の口癖。
5歳になりカッコつけをはじめるように。

楽や快感より、かっこよさを求め続ける男になるべし!
[PR]

by wazofamily | 2014-06-03 08:55 | 家族