心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 29日

笑顔

f0258061_538496.jpg

微笑みかけると微笑み返すのが次男坊の最近の流行り。

傷つければ、傷つき。
憎めば、憎まれ。
怒れば、怒りをよぶ。

人間の感情って悪い方にも良い方にも伝染していく。

「世界平和は、一人が微笑みかけることから」

子から学ぶことは多大です。
[PR]

by wazofamily | 2013-09-29 05:38 | 家族
2013年 09月 29日

遊びを創る

f0258061_5373597.jpg

自分のクツを木の上に投げてから、木に登って靴を落とす遊びが長男の最近の流行り。 

子どもたちは夢を描いて、夢を恐れず実現していくのが本当得意です。しかも、迷いが全くないから素敵です。
[PR]

by wazofamily | 2013-09-29 05:34 | 家族
2013年 09月 27日

農ガール

f0258061_5325986.jpg

山ガールが今、流行っている。いや、もう時代は次の流行りを心待ちにしているに違いない! 自然へ飛び込んだ若者が次に求めるものは、自然と共に生きる暮らし。農ある暮らし。

タネ(食料)、カネ(お金)、エネ(エネルギー)の独占欲が、経済を加速させ、他国の資源を奪う戦争を継続させ、子孫を残せないタネを市場にばらまいてる。

そのお陰さまで、山ガールたちが遊ぶ自然はどんどんボロボロ・・・

流行りの山ガール達は、自然豊かで空気の美味しい場所で、美味しい食べものを口にすることに、たまらない快感を覚えている。でも、なんか最近放射能で魚は危ないし、世界の森はどんどん切られているから、心配している。

「この先ずっと、自然の中で美味しいもの食べてハッピーに生きていけるかな」
「何か、未来暗いよね・・・」

そんな、思いを抱いた山ガールたちが次のステージに進むとき、ニューカルチャーが生まれる。

まもなく、そんな未来はNO!と言い、自ら動き出す「農ガール」たちがきっとあわられてくる。いや、すでにもう僕の周りではたくさん出てきている。子供をもったお母さんたちが立ち上がり始めている。

「農ガール」誕生はもう時間の問題ですよ。笑

化粧してクレンジングして肌と川がボロボロになるより、ブランドバックでオシャレするより、安心安全なお米の方が、絶対お肌や心は美しくなるに決まってる!そして、何より畑作業は気持ちよくて楽しいっ!
[PR]

by wazofamily | 2013-09-27 05:30 | 農園
2013年 09月 27日

感謝の儀式

f0258061_5291829.jpg

野菜とは一味違うお米の収穫。
主食を育て実りを収穫する作業は僕らにとっては神聖な仕事です。

虫、土、雨、空気、大家さん、家族・・・たくさんの感謝の念が生まれてきます。

お陰さまで、ありがとうございますって。

そして、すべての感謝すべき者たちにいつもパワーを充填してくれるグレート天照大神(おひさん)に、まずは収穫の喜びと感謝とお供えを!

先祖が紡いできた感謝の儀式を後世へ。 合掌
[PR]

by wazofamily | 2013-09-27 05:28 | 自然に生きる
2013年 09月 27日

稲刈り

ついに、初めての陸稲を収穫!!
麦の時も思ったけど、穀物の収穫って野菜とはまた違った喜びがある。
そして、夫婦で共に汗を流すと、その喜びが倍増する気がする。

水田に囲まれた実家で毎年嗅いでいた稲刈り前のお米の匂いが大好きだった。
自分たちで作ったお米からも同じ匂いがして、懐かしさと嬉しさで感動がこみ上げてくる。
間に植えていた大豆は鹿に食べられて全く実らなかったけど、お米は無事だった。
自然の神様、本当にありがとう。
f0258061_1548562.jpg

[PR]

by wazofamily | 2013-09-27 05:26 | 農園
2013年 09月 27日

稲刈り完了!

f0258061_5255566.jpg

初めての挑戦「水をはらない陸稲栽培」は収穫の期を迎え、無事稲刈り完了!
[PR]

by wazofamily | 2013-09-27 05:25 | 農園
2013年 09月 27日

大地で寝るのは気持ちいい

f0258061_5235985.jpg

死体遺棄現場

では、ありません。笑
焚き火飲みは、最高!
大地にねっころぶって本当気持ちいい。

お陰さまで夢がまたたくさん膨らみました。

さあ、今日は稲刈りじゃ~!
[PR]

by wazofamily | 2013-09-27 05:22 | 自然に生きる
2013年 09月 21日

勇気ある一歩

f0258061_5212154.jpg

勇気ある一歩
恐ることなかれ

その一歩を積み重ねて
いつの日か大志をものにしよう!
[PR]

by wazofamily | 2013-09-21 05:20 | 家族
2013年 09月 19日

十五夜

f0258061_5192028.jpg

今日は15夜。

15夜と言えば・・・  尾崎豊の「15の夜」でしょ!としか連想できない都会人の僕は東京で育って、反抗期も早々にスタートしたものだから、15夜の行事事は今まで参加したことがなかったのですが、今日は15夜ロストバージン!

15夜で中秋の名月を観賞する習慣は、中国から伝わってきた文化で平安時代から貴族の間で広まり、徐々に庶民にも伝わっていったそうです。

農村では、豊作を祈って畑でとれた収穫物を供えて月を眺めていたそうです。

「そんなことして意味あんの?」

都会の僕の心にはこの思考回路がすぐさま湧きそうになるが、参加してみると・・・

楽しい!

綱引きも、相撲も、経済のためには全くならないのかもしれないけど、みんな笑顔になることは確かだ。15夜でガイドの仲間に会った。近所の子どもに会った。消防の先輩に会った。そして、みんなで綱引きをして汗をかいていると、こんな遊びの時間って大事だなあ、しみじみ思ってしまう。

人生、遊びがないとね!

僕らの先祖は、辛い農作業の中でいかに楽しく遊ぶかを行事事にたくさん散りばめてきてくれたのだと思う。日本人は昔から根っからの遊び好き!

さあ、お金儲けのことはちょっと脇において、明日は力いっぱい遊ぼう!
[PR]

by wazofamily | 2013-09-19 05:18 | 自然に生きる
2013年 09月 19日

子供の世界

f0258061_5174692.jpg

兄弟の間で締結されたものは。

大人には知ることのできない世界で、すでに子どもたちは生きていることを知る。
[PR]

by wazofamily | 2013-09-19 05:16 | 家族