心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 24日

原始力格納容器完成!

f0258061_1111927.jpg

俺は離島とよばれている屋久島で何ができる?
デモは参加できないし、それが最高の手段とも思えない。
自然あふれる屋久島だからできること・・・
かなり深く瞑想した結果・・・

僕は、原「始」力村を屋久島に創ります!

名前は原子力村さんからのパクリですが、中身は全く違いますよ!​笑
昔の僕らの先祖がこの地で、何万年も持続させてきた
持続可能な暮らしの知恵に学ぶライフスタイルです。

エネルギー源は、薪とニワトリと俺の筋肉!
脱原発を僕ら家族はコツコツと目指します。

原子力のもととなるウランの埋蔵量は石油の何十分の1ほどと、と​ても乏しい資源。
それにくらべて屋久島は無尽蔵に木が茂っている。
そして木は切っても一年でしっかり成長してくれるから優れもの。
再生可能な代替エネルギーになる。

核燃料廃棄物は解毒するのに10万年単位だけど
我が家からできる生ごみはニワトリの餌となり一日で無毒化されま​す。
そして、ニワトリは生ごみのエネルギーで動き回り、畑を突っつき​フンをして
畑を豊かにしていきます。石油に頼る耕運機も化学肥料もいりませ​ん!

そして、先進国に生きる日本人の食べているものは、きっと僕が怒​られ叩かれたインドのスラム街の人たちの食事に比べれば、かなり​の高カロリー。これはかなりのエネルギー源ですよ!これを脂肪に​してしまうのはもったいない。己の筋肉をつかって耕運機にもブル​トーザーにもパワーショベルにも負けない豪快な仕事が、実は自分​の筋肉でできちゃいます。

今日、ニワトリの鶏舎が完成してヒヨコを移しました。
もちろん鶏舎はすべて廃材!
お気に入りはなんといっても緑のネット!
これは矢筈神社の海岸に打ちあがったゴミの中からみつけたもの。
運ぶのに1時間もかかってしまったけど
海の神様をまつる神社のまわりを綺麗にしながら、お金がまったく​かからず小屋もつくれちゃうんだから
原始力村は最高にハッピーです。この間、もちろんCO2も放射能​も拡散していません。

是非、みなさんも遊びに来てください。
でも、天下りとか賄賂とかいう甘い汁はないですからね。笑
あるのは汗をかいたあとの充実感と素朴な幸せだけです。

写真は原始力村の原「始」炉格納容器へ皆さまを招く僕です。笑 

原始力村!いらっしゃ~い!
[PR]

by wazofamily | 2012-06-24 11:00 | エネルギー自給作戦
2012年 06月 24日

梅雨の風景

f0258061_105921100.jpg

息子、外に出れず家で遊びを探しだし
クロ(猫)は若干イラッとしてます
それが我が家の梅雨の風景 笑
[PR]

by wazofamily | 2012-06-24 10:59 | 家族
2012年 06月 20日

ヒヨコとネコ

f0258061_1131453.jpg

写真はヒヨコのための臨時的な小屋
雨が止めば前もって建ててある鶏舎に
そろそろ移そうかと思っているのだけど
こんな写真のような風景を見てしまうと先延ばししたくな​る

ヒヨコを狙っているのか
ヒヨコを守っているのか

今日の朝は特大の青大将が小屋のアミに顔を突っ込もうと​してました
自然のなかで生きていると本当ワクワクの連続でワクワク​の毎日を過ごしています
[PR]

by wazofamily | 2012-06-20 11:02 | 農園
2012年 06月 16日

夏野菜の支柱立て

台風が近付く中、夏野菜の支柱立て開始!

トマトは家の周りにあるまっすぐで長い木を探して支柱を立てたけど、それ以上はなかなか丁度いい枝がないため、近所の竹林から細い竹をナタで採らせていただくことに。
竹って、まっすぐだし、風にしなって丈夫だし、細い枝がたくさんあるからツル性の植物には打ってつけだし、ナタですぱっと切れるし、支柱に最高!

やるほど面白くなってきて、お昼のチャイムも無視して作業作業。

初めはあまり家から出てこなかった洸平も、これを見て、
「かぁーちゃんすごーい!ぼくもやるー!」と大興奮!
f0258061_1193784.jpg


なんか、こーゆー家みたいなのって男の子は興奮するんですね(笑)

さて、これはゴーヤさんの支柱。台風が去ったら、上にネットを付ける予定。
昨年は地這で作って、台風などの時は倒れる心配がなくて良かったのだけど、収穫が宝探し状態に・・・。葉っぱに隠れてどこにあるのか全く分からないし、いつの間にか腐ってるし。
だから、今年は支柱を立てて網の下に“ぶらん♪”とぶら下がるのを楽しみにしている。
ただ、台風で倒れなければいいのだが・・・

そして、ツルムラサキに

f0258061_1110015.jpg


キュウリ

f0258061_11103720.jpg

どれもまだ小さいけれど、これからこれから!
[PR]

by wazofamily | 2012-06-16 11:07 | 農園
2012年 06月 16日

てんとだいじん

かこさとし おはなしのほん10 の 『からたちばやしのてんとうむし』をご存じだろうか。

欲張りでいばりん坊の“てんとだいじん”こと、ニジュウヤホシテントウによって、他のテントウムシたちが意地悪をされて困っているところに、突風が吹いて・・・というテントウムシ好きの洸平が大好きな絵本。

「“てんとだいじん”ひどいねー」と言いながら笑って見ていたのだが、ある日、笑えない出来事が・・・

初めて植えたジャガイモが、その“てんとだいじん”によって葉っぱを食い尽くされていたのです。

だんだんと葉っぱが黄色くなっていくのを見ながら、初めは何の病気か、と色々調べていたのだけれど、それがニジュウヤホシテントウの仕業だと知ってびっくり!
よく見ると、葉っぱにはニジュウヤホシテントウの幼虫がたくさん。そして大人になったものも・・・

小まめに観察していなかったことが悔やまれる。あっという間にほとんどの葉が食い尽くされてしまった。

ジャガイモがなくなると、今度は同じナス科のトマトやナスにまで!

f0258061_116959.jpg


もー同じ過ちは繰り返さない!と、毎日葉っぱの裏を小まめにチェック。そして、ごめんなさい、と。
洸平も、「てんとだいじんめ~!」と言いながら一緒に捕まえてくれる。

自然農は草や虫を敵としない農法なので、虫にやられない健康な野菜にしてあげないといけないのだが、既にこんなに発生してしまっていては、そーは言ってられない。
種から苗を育ててようやく大きくなってきたトマト。

f0258061_117628.jpg

てんとだいじんには申し訳ないけれど、真っ赤なトマトが食べられる日を夢見て、毎日チェックに行きますよ!
[PR]

by wazofamily | 2012-06-16 11:04 | 農園
2012年 06月 12日

洸平のアイドル

f0258061_11113422.jpg

ヒヨコは子どもにとってもアイドルのようで興味津々。

他の生きものによって人は生かされているという
薄れゆく真実をしっかりと体感しながら育っていってほしいな。
[PR]

by wazofamily | 2012-06-12 11:11 | 家族
2012年 06月 10日

放射能におびえない暮らしへ

f0258061_1115199.jpg

写真右の枝豆がもう食べごろだ。えっ、どこに?と思うかも知れませんが、自然農では土はむき出しにはなりません。雑草や虫を敵としない農薬や化学肥料を使わない農法なんです。

今年は、味噌や豆腐の大豆を自給しようということで、今日は畑の拡大!土が見えているとこが今日、畝を切ったところです。

大豆を大量につくろうとなったきっかけは、放射能です。チェルノブイリで被曝した人は日本食、特に発酵食品は放射能の解毒作用があるらしく、広く食されていたようです。
...
広島でご自身が被曝し、その後医者となり被爆者の救援・治療にあたってる肥田舜太郎さんの著書「内部被曝」では、今回の福島の爆発で飛散したセシウムが、アメリカの環境省によって南半球のオーストラリアで確認されたと記載されている。

これが本当なら、屋久島も放射線を放つセシウムさんがきっと来島されていることだろう。
敏感な屋久島の人はビクビクしてるけど、そんなもんにビビりながら子どもを育てたくない!だから、放射能を恐れないために、たくさんの生きものを育てながら、その力を借りながら、放射能を解毒しながら、今の時代を力強く生き抜いていきたい。
[PR]

by wazofamily | 2012-06-10 11:14 | 農園
2012年 06月 10日

自然の輪

f0258061_11122432.jpg

今年も来ました、ながし虫、羽アリ、シラムシ、8時虫!
屋久島において人間が一年のうち唯一自然界に敗北する日。この日はみんな家から逃げ出します。笑
上の色んな呼び名は、全部シロアリのことです。
この梅雨時の雨の降らない夜のちょうど8時前後に大発生して明るい場所に襲撃してきます。

... 去年までは家を離れて友達の家や海で夜を過ごしていたのだけど、今日はヒヨコの動きが気になって家族でずっと観察してました。

すると、びっくり!親の顔も知らないうまれて1週間もたってないヒヨコたちが活発にジャンプしながらシロアリを捕食していた。去年はクモもたくさんシロアリを食べていた。

シロアリの大発生する時期を嫌悪する人が島にとても多いけど、人以外の生きものにとっては年に一度のお祭りであり、自然の恵みに感謝する日なのかもしれない。

ヒヨコを飼ったことで、自然界の輪に入れてもらえたような嬉しい夜を過ごしています。

写真は、何とかシロアリをヒヨコたちのもとに!と小屋を開放している絵です。笑
[PR]

by wazofamily | 2012-06-10 11:13 | 農園
2012年 06月 09日

可愛すぎるヒヨコちゃん

f0258061_11164259.jpg

屋久島の気候になれたかな。
ヒヨコたち順調に動き回ってます。
あまりの可愛さに、世の中の嫌なことなんて
すっかり忘れちゃいますね。
こんな素朴な幸せが続きますように。
[PR]

by wazofamily | 2012-06-09 11:16 | 農園
2012年 06月 08日

ヒヨコ到着!

f0258061_11175869.jpg

無事ヒヨコが到着!
21羽のはずが24羽はいっていた。これってオマケ?笑

今日から新たなライフスタイルのはじまりはじまり~
お金で手に入れる習慣を脱して、命を育む暮らしへと!
[PR]

by wazofamily | 2012-06-08 11:16 | 自然に生きる