心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 29日

ガレキの意見交換会

f0258061_10252087.jpg

屋久島の自然と子どもたち、そして僕らの暮らしは、僕らが意思表示をしていかないと危うくなっていきそうです。19~21時のガレキの意見交換会では屋久島の議員さんも参加します。事実上、島の方針を決定し実行していく議員さんたちが現時点で何を思っているのか・・・ 決まってからでは、僕ら一般人ではどうすることもできなくなってしまうので、放射能拡散に危機を感じている屋久島在住の人は是非!

【がれき受け入れについての意見交換会】
テーマ:日本の復興基盤 鹿児島の歩むべき道
日時:5月30日(水)19時~21時
場所:安房公民館
主催:町民から考える会事務局 島津・時 tel 0997-49-3071
(前半)
1.食の安全保障・保養地希釈地の貢献
 農林水産と教育観光と医療の連携支援
 世界ニーズの低濃度・内部被爆の研究
2.僻地防災自宅発電モデル(公民館設置)
 分散小型発電ネットで環境新基幹産業
3.世界インテリジェンスとの連携・発信
(後半)
議員さん交えて瓦礫等について意見交換会
[PR]

by wazofamily | 2012-05-29 10:25 | 政(まつりごと)
2012年 05月 29日

地球のリズムにのって

f0258061_10232754.jpg

今日はニンニクの収穫をして、明るいうちから野外料理で息子とい​っしょに採れたてニンニクをつかったペペロンチーノづくり。じわ​じわと温度が上がっていく薪の木にペースをあわせていると、家族​の心も知らずのうちにスローに。

便利で快適で時間を短縮してしまうものばかりに頼っていると、気​づかずうちに心がせかせかしていってしまうのは、現代人が背負って​しまった悲しい宿命なのかもしれないなあ。
[PR]

by wazofamily | 2012-05-29 10:20 | 自然に生きる
2012年 05月 28日

木の炎とともに

f0258061_1025725.jpg

僕が栗駒高原の山で子どもたちと共同生活をしていた時、大人に用​意された遊びほど子どもたちの想像力と創造力を殺してしまうもの​だと痛感した体験が今も衝撃的に残っている。

写真は洸平があみだし夢中になっている彼のオリジナルの「花火」

僕らの住んでる場所にはコンビニやおもちゃ屋はないけど、遊びは​自然に無限にある。

そして、話は変わり、人の手で制御できない死の灰を生み出す原子​力というエネルギーと、何万年と先祖が大切にしてきた自分たちで​コントロールできる再生可能で、心に落ち着きを与えてくれ、体に​害のない木から生みだされる「炎」というエネルギーとの比較検討​を僕ら大人は今一度再考してみる時期にきていると思う。

未来の子どもたちのためだとか言いいながら、便利で危険な原子力​を推進していくことは、子どもたちの未来を殺していることだと思​ってほしい。

地球の恵みさえあれば、大人なしでも子どもたちはたくましく己の​想像力と創造力で育っていくと僕は思っている。大人は、子どもた​ちが安全で暮らせる地球を残すことだけしておけばいい。教育やら​御稽古やら、子どものためだとか言って過保護にでしゃばる必要は​なにもない。

今はただ、大人たちが自分たちで制御でき、責任をもてるエネルギ​ーとライフスタイルの変換をする時なのだと僕は強く想い、実行し​ていく覚悟だ。
[PR]

by wazofamily | 2012-05-28 10:24 | 自然に生きる
2012年 05月 27日

フォトコンテスト入賞

f0258061_1031716.jpg

この杉にはてんこ盛りの苔の他にたくさんの植物が着生しています​。さまざまな植物と共に長年生き続けている屋久杉の生きざまは、​なんとも言えずカッコイイ。容姿は言うまでもなく文句なしの風貌であります。

今日はとても嬉しいことがありました。あるフォトコンテストから​入賞通知が来ました。優秀賞いただきました!かなり嬉しいっす。​6月に公開されるそうなので詳細はまたその時に。
[PR]

by wazofamily | 2012-05-27 10:27 | お知らせ
2012年 05月 26日

2012年の梅干し

f0258061_10315439.jpg

子どもの頃は、なんでばあちゃんはこんなすっぱい物を毎年毎年作るのだろう・・・と不思議に思っていたけれど、梅干しはとても薬効に優れていることを知り、その効果を体感して以来、我が家ではなくてはならない食べものになりました。

しかも、梅干しは果肉だけでなく、梅酢も貴重な調味料。
我が家で作っているマヨネーズは全てこの梅酢を使っていて、普通のお酢で作るよりもコシが強く、コクのあるマヨネーズに仕上がるのです。

今年も梅干しを作る季節がやってきました。

5月に入ると、梅干し作らなきゃ!となんだかそわそわしてしまいます。

昨年は、梅を買ってヘタ取りをした後、瓶を購入するという何とも段取りの悪い作業になってしまい、瓶を待っている間に腐らせてしまった梅もあったので、(それでもとっても美味しい梅干しが出来上がりました!)今年は段取りよく作業しよう!と意気込んでいたのですが・・・

青梅はアク抜きをした方がいいことを知り、一晩水に浸けておいたら・・・
茶色に変色してしまいました。浸す時間が長すぎたよう。

作る前にもっと熟知しないとダメだなぁ、と今年も反省。
でも、捨てるのはもったいないので、こんな梅でも作ってみることに。


洸平もヘタ取りに参戦してくれました。

昨年の梅を瓶から別の容器に移しながら、
「緑の梅が赤くなるの?」
ととても不思議そう。

喘息の時、風邪の時、胃の調子が悪い時、料理の時など、いつもお世話になっている梅干しさん。茶色くしてしまってごめんなさい。
どうか今年もよろしくお願いします。。。
[PR]

by wazofamily | 2012-05-26 10:32 | 食べる
2012年 05月 22日

湧き出る感情

f0258061_10351332.jpg

昨日まで、3泊4日で姉家族が遊びに来ていた。姉の子どもは、4歳・2歳・0歳の男の子たち。

洸平はこの日を心待ちにしていた。


会ってすぐは、姉の子どもたちの勢いに圧倒されて、自分の家なのに(笑)隠れて出てこない洸平。

でも、しばらくしたら打ち解けて、全力で遊び始めた。


寝食を共にするからだろうか。いとこだからか。

何か不思議な調和がそこにはある気がする。

自分の子どもの頃、いとこに会えるのは年2回、お盆とお正月だけだった。いとこ6人がばあちゃんちに集まり、一緒にご飯を食べ、一緒に遊び、一緒に寝る。その時間がとても嬉しくて、いつもこの時期が待ち遠しかった。

あまりにも楽しすぎて、いとこがフェリーで帰る時、お互い泣きながら、フェリーが見えなくなるまで大声で「ばいばーい」と手を振っていた。そして、その日家に帰った時のあのガランとした淋しさを今でも覚えている。


昨日、飛行機で姉家族が帰るとき、洸平はいつまでも泣いていた。

家に帰ってからも「淋しい」と泣き続けた。


会いたい

楽しい

淋しい


心から全力で湧き出るこの感情。もしかしたら、洸平は初めて経験したかもしれない。


たくさん泣いた後、

「ぼくもー泣かないよ」

と言った。

その顔が、凛々しくて少し成長したように感じた。


今朝、「てっちゃんとそうちゃんの夢を見た」そうだ。

きっと次会う時は、お互いもっと成長して、もっと楽しい時間を過ごすだろう。

私もその日が待ち遠しい。


たなかあゆみ
[PR]

by wazofamily | 2012-05-22 10:34 | 家族
2012年 05月 22日

サクランボ摘み

f0258061_10335541.jpg

先日、オオシマザクラのサクランボを家族で摘みにいった。狩猟採​集で得られる喜びは、通帳の貯金額が増加していくものとはまった​く次元の違う幸福感で心を満たしてくれる。僕らの先祖がきっと1​万年以上も昔からずっと営んできた生きるための行為だ。

これからも、島で食せる自然のものを知っていきたいな。育てて実​らす農耕の感覚ではなく島の自然が毎年僕らに与えてくれるものに​いつも敏感でいたい。旨いは二の次でいただいていきたい。

といいながら、この桜は屋久島在来のものではないそうです。しか​し、屋久島で生きてる木です。僕と同じ移住者ですね。笑
[PR]

by wazofamily | 2012-05-22 10:32 | 自然に生きる
2012年 05月 19日

悩み中の「2012屋久島、夏」のイメージ写真

今日は今年初の夏を感じる日差しだったので、「屋久島の夏、梅雨を追い越して夏到来!」というイメージ写真を撮っていたのですが、かなり悩んでます。


コンセプトは、屋久島のキラキラした夏のイメージはもちろんのこと、その心地のいい屋久島の夏を子どもたちのそのまた子どもたちにも僕らは残していかないといけないというメッセージが伝わるような写真を選出することなのだけど・・・


ん~どれがいいかなあ。どれも甲乙つけがたい。これは親子の愛が邪魔してるからなのだろうか・・・ というか、どれも伝わらない?

まあまあ、笑いも含めてご覧ください。

f0258061_10381520.jpg

写真1

f0258061_10391515.jpg

写真2

f0258061_10395232.jpg

写真3

f0258061_10404360.jpg

写真4

f0258061_1041472.jpg

写真5

facebookにて投票募集中です!笑

facebookはこちら↓

http://www.facebook.com/#!/photo.php?fbid=3290120856237&set=a.1811449810385.2090179.1364205433&type=1&theater
[PR]

by wazofamily | 2012-05-19 10:37 | 家族
2012年 05月 19日

子どもの力

f0258061_10364435.jpg

只今、アユミのねえちゃん家族が来ていて大盛り上がり中なり!
子どもが多いと何でこんなに楽しそうなんだろう。そして、裸にな​ると一気に楽しさが倍増されるようだ。

心を楽しくしてしまうこの法則を何とか解明して、ガイドの仕事に​導入したいんだけど、いくら観察してもなかなかわからない・・・

今のとこ可能性を見いだせるのは・・・・裸
でも、これはとてもガイドで試せないよなあ・・・

とにかく、子どもって本当に不思議な力をもってます。
[PR]

by wazofamily | 2012-05-19 10:36 | 家族
2012年 05月 13日

母の日

今日は母の日。
毎年のように、両母親に手紙を添えてパンを送る。
手紙は、ついつい長文になってしまう。
電話では言えないことをつらつらと・・・

金曜日、にじのいえ帰りの洸平から母の日のプレゼントをもらった。
初めてもらう母の日のプレゼント。
よく似ている(笑)私の似顔絵とビーズのストラップ。

f0258061_104416100.jpg


思い返せば、昨年の5月12日から通い始めたにじのいえ。
その2日前までは、喘息の発作で病院に入院していた。

あれから1年。
退院後は、休むほどの風邪をひくこともなく、喘息もちょっと咳が出てるな、と思ってすぐに梅干しを胸と背中に貼れば一晩で咳が治まるほど体が強くなった。
きっとこの1年間、いっぱい友達と外で遊んだりケンカしたり仲直りしたりして、体も心も一段と成長したのだろう。

とても力強くいきいきとしている母ちゃんの似顔絵が、それを表している気がする。

素敵なプレゼントをありがとう、洸平。

そして、いつも見守ってくれている両母親にも感謝。
[PR]

by wazofamily | 2012-05-13 10:44 | 家族