心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 28日

穏やかな麦刈り

とってもいい天気の今日、みんなで麦刈りしました~!
f0258061_13485760.jpg

大人17人、子ども(幼児含め)14人も参加してくださいました。


子育ての話や、自分がしている畑の話、仕事の話など、いろんな話をしながらの楽しい作業。
子どもたちもハサミを使うのが楽しそう。
f0258061_1349328.jpg


草の割合の方が多いので、あっという間に終わるだろうと思われた麦刈りでしたが・・・
完全に、麦刈りなめてました。
畑に入ってみると、穂に付いている麦は少ないけれど、意外とたくさん植わっていて、なかなか進まない穂刈り。
あっという間にお昼に。
それでも、ゴミ袋2袋以上の麦が収穫できましたぁ~!
まだ麦は残っていますが、ひとまずお昼ご飯に。

お昼ご飯は、おひさんの畑のパン。それぞれ選らんでもらった葉っぱをお皿代わりに。
f0258061_1350231.jpg

畑作業の後、みんなで食べる時間は幸せだなぁ~
f0258061_13502839.jpg


みんなのお陰で楽しい麦刈りになりました。
たくさん集まってくださって、本当にありがとうございました!!

残った麦も早く刈り終えて、その後天日で干して、酒瓶や棒で脱穀する予定です!
f0258061_13505848.jpg


パンになるまでもう一息!!
[PR]

by wazofamily | 2012-04-28 13:46 | 農園
2012年 04月 26日

仏の心「足るを知る」

f0258061_1353769.jpg

今年はオオバライチゴがかなり実ってます。家の周りに野生で育っているもので栽培してるものではありません。自然の無償の恵みって本当にすごい!

この両手に集められた...イチゴに満足できず

もっと大量に
もっと甘く
鮮度を保たせて遠くの土地まで
一年中食べられるように

そんな欲をだすと地球を汚すものが溢れだし始める。
化学肥料や農薬の多投や石油と電気の無駄づかいが当たり前になっていく。そして、ドカンと自然からしっぺ返しをくらってしまう。

この両手のイチゴで満足できる心を育むことが今どんなに大切で、しかし、それを育むことがなんて難しい世の中なんだろう。

地元の自然の恵みに心から満足でき、多くは望まず、巡ってくる旬の食べものに感謝と喜びを感じることのできるカルチャーをこれからも発信していきます!
[PR]

by wazofamily | 2012-04-26 13:51 | 食べる
2012年 04月 24日

アレッポ石鹸

f0258061_13542350.jpg

息子が五右衛門風呂の前で持ち上げているセッケンはオリーブオイルで作られた「アレッポのセッケン」。僕は10代から。妻のアユミは5年ほど前から。この石鹸だけで体、顔...、髪まで僕らは洗っちゃう。以前はシャンプーもリンスもガンガン使っていたアユミからの感想。

「アレッポにしてから、髪が丈夫だねと言われるようになった。シャンプーを使っているときは髪が細くなっていくような気がした。この石鹸にかえて枝毛も全くなくなった。」

せっかく頭皮が出してくれる天然のトリートメント成分をシャンプーで洗い去り、化学的なトリートメントをぬりたぐる。なんか変だ・・・。

そしてもっと変なことは、これら市販されているほぼすべてのシャンプーには界面活性剤が含まれていて、その毒物は皮膚障害、タンパク質の変性作用、発ガン性補助作用、動脈硬化症の危険、肝臓障害、酵素活性阻害、殺精子作用、催奇性(奇形仔発生)といったやばいぐらいの害を人にもたらします。CMで「シルクのような髪になりまっせ~」と踊らされて実は相当厄介なもの毎日人は美貌のために塗りたぐってます。そして、その結果は美貌とは真逆の世界へと人を誘います。

そして究極的に変なことは、この界面活性剤は分解されにくく汚染物の終点場、海へ蓄積されていくということです。人体にこんなやばい影響をもらたすブツが海に満ち溢れ、それは魚など生きものに生物濃縮されていく・・・そして、世界一魚を愛する日本人が「いや~やっぱり屋久島の首折れサバは最高っす!」といいながら、モグモグ幸せそうに旬のサバをほうばる。劇薬もいっしょに・・・ こんなにも自分の首をしめ続ける生きものを僕は人以外、知らない。

みなさん、是非「アレッポ」を試してください。このセッケンと使うことで、僕らに無償の恩恵を与えてくれる自然も、ご自身も、双方に美しくなること間違いなしです!

そして、僕らの快楽や美貌の追及によって未来の子たちに汚染物を残すのではなく、美しき自然を!

アレッポ→http://nepto.co.jp/aleppo/
[PR]

by wazofamily | 2012-04-24 13:53 | 捨てる喜び
2012年 04月 23日

ニワトリ小屋の増設

f0258061_13555860.jpg

去年、全滅してしまったニワトリを今年は本腰を入れて再度挑戦!今回は入念に自然卵養鶏法を勉強中なり!卵を調べれば調べるほど、ブロイラーの鶏肉(大量生産するために短...期間で急速に成長させる狙いで育てられたニワトリ)の危険性には、ぞっとする。市場に出回っている多くの卵は薬漬けにされて育った悲しき鶏たち。肉に含まれている化学物質には発がん性物質も含まれているとか・・・。安い卵は、うまくないだけではなくて、人体に有害なものも相当含まれていることを覚悟して買うしかないのが現代の経済システムに組み込まれた僕らの宿命だ。

そんな卵を使ったパンをお客様に提供することは断固、私たちは致しません。現在、平飼いの島の卵を使用していますが、5月中には純日本鶏の雛を20~30羽ほど我が家で飼い始めます。安全で体にいいものを!そして、島の恵みで育った命を!がモットーです。

今日は、小屋づくり。鶏小屋は最高に楽しい!だって、ニワトリはどんなに豪華な小屋をつくっても喜んだり興奮したりしないし、逆に適当に作っても怒ったり不愉快になったりしない! 誰にも文句を言われずのびのび自由な発想で適当にできる仕事ほど楽しいものはない!笑 

ニワトリも我が家もいっしょになってノビノビと島の時間をていねいに、そしてときには適当に過ごしていきやしょう。
[PR]

by wazofamily | 2012-04-23 13:55 | 自然に生きる
2012年 04月 10日

器材干場の軒づくり

f0258061_13595453.jpg

今日は器材の干場の軒づくり。だいぶ廃材大工の手順が体に叩き込まれたのか、あとは屋根張りというところまで進んだ。この作業が終わったら、第二弾トリ小屋づくりはじめます!
[PR]

by wazofamily | 2012-04-10 13:59 | 家づくり
2012年 04月 10日

大人が変わる

先週末、とても天気が良かったので、友達の子どもも引き連れて遊びに出かけた。

「どこ行く?」と子どもたちに聞くと、みんな口を揃えて

「こーえん!!(公園)」

そう、今の彼らにとって遊び場=公園。

そりゃそうだ。

洸平が3歳になり、家にいる土日に私が遊びに連れて行く場所と言ったら、いつも公園ばかり。

滑り台に、広い芝生、平らに整備されている地面。

子どもたちは遊具で遊び、芝生でサッカーをして楽しそうに遊ぶ。

私は、ケンカになった時にちょっと入るくらいで、後先は座って見ている。

公園はほとんど危険がなく、親が安心して見ていられる場所だ。



でも、大学の時にお世話になっていたNPO法人自然スクールTOECで野外教育や自然体験などを多少なりとも学ぶ中で、子どもは遊具がなくても自然にあるもの全てを遊びにする力があるということを知った。

大人は、「安全に遊ぶため」とか言って固定遊具や平らな芝生を作り、子どものわくわく感や考える力を阻害している。

それを知っていながら、私もこれまで公園に連れて行っていた。

自分の安心感を優先して。



でも、せっかく山や海が近くにある屋久島にいるんだから、公園で遊ぶなんてもったいない!と思い直し、勇気を出して、家から道なき道を20分くらい歩いたら行ける海まで一緒に散歩することにした。

内心、不安な気持ちもありながら…



そんな親の心配をよそに、子どもたちは急な坂道でも自力で歩き、道中に転がっている松ぼっくりやどんぐり、虫や葉っぱを見つけて楽しそう。

そして自分の背丈ほどありそうな藪も越えて、無事に海までたどり着いた。
f0258061_1423186.jpg


f0258061_1424861.jpg

海に着くなり、靴やズボンを脱いで大きな岩に立ち、ただ永遠と石の投げ合いっこをしたりお気に入りの棒で遊んだり。
f0258061_1431075.jpg


何がそんなに楽しいのか、と思ってしまうけれど、海風を感じながら、ごろごろの石の上でも逞しく歩く姿や楽しそうな顔を見ているだけで、不思議とこっちまで幸せな気持ちになってくる。

彼らは全身を使って自分自身でしっかりと安全管理をしながら、周りにあるもの全てを遊び道具に変えていく。

大人が用意したおもちゃなど何も必要ない。



更に、海に一緒にいると、自分自身もわくわくするような生きものがいたり、海の音に酔いしれたり。子どもだけじゃなく大人も楽しく、幸せになれる。

公園では味わえない感覚を味わい、やっぱりもっともっと自分自身も自然の中で遊びたいなぁ~と思った。



余計な心配など放り出して、大人も子どもも一緒にわくわくできる場所に遊びに行こう。

変わるのは子どもじゃなくて大人の方なのだ。



たなかあゆみ
[PR]

by wazofamily | 2012-04-10 13:59 | 自然に生きる
2012年 04月 10日

不足してるぐらいが丁度いい

f0258061_13571751.jpg

オオバライチゴがたくさん実りだした。

最近、夜ごはんまでオヤツをなしにされている洸平が、庭に実ったオオバライチゴを見つけて、トゲのある枝にビクビクしながら手を...つっこみ、自分自身で手に入れたときの表情をパチリッ。

モノがあふれ過ぎている日本で、モノの大切さや、必要なものは自分で手に入れることを教えるのは本当に難しい。服もオモチャも今まで一度も買ってやったことはないのに、色んな人から巡り巡ってやってきた洸平グッツが山のように散乱してる・・・

この喜びの顔を、他人がつくってやることはできない。自分の思いを自分の力で実現できたときこみ上げてくる感動によってでしか。

モノや食べものは不足しているぐらいがいいのかもしれない。

渇望は、夢と希望を
裕福と飽食は、怠惰と不感症を

夢を自分でつかむ力を育んでいってほしいから、父ちゃんはお金持ちより貧乏を選ぶけど、恨まないでね。笑
[PR]

by wazofamily | 2012-04-10 13:56 | 食べる
2012年 04月 08日

最近の流行は・・・

f0258061_1442013.jpg

息子よ、いいTシャツきてるな。
石がうまいなんて、相当人生楽しんでる証拠だ。
その調子で、そのままの好奇心でLets enjoy !
[PR]

by wazofamily | 2012-04-08 14:03 | 家族
2012年 04月 07日

はしごづくり

f0258061_1453947.jpg

カヤックを川に下ろすためのハシゴが壊れたので、アキラくんといっしょに廃材でつくった。人とものづくりをやると色んなアイデアがでてきて本当楽しい!
[PR]

by wazofamily | 2012-04-07 14:04 | ものづくり
2012年 04月 06日

シュンロウ小豆

f0258061_1463872.jpg

島の先輩シュンロウさんからもらった小豆が目を出しはじめた。
今年は自家製の小豆でアンパンがつくれるかな。
楽しみ楽しみ。
[PR]

by wazofamily | 2012-04-06 14:05 | 農園