心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 27日

島デート

f0258061_1475758.jpg

今日は天気が最高によくて心が踊りだしたのか、アユミからデートのお誘い。デートスポットは日本の湧水百選になっている「やまんこ湧水」。屋久島は水が綺麗でうまいと評判だけど、それは山の話。里は塩素ですっかり生命力を失われている。水道水と味比べすると差は歴然。この湧水はマジでうまいっす!

自然暮らしはお金に頼らず、体に正直に、体が喜ぶものを、自分たちで創り、自分たちで手に入れる!これがモットーなので、デートにはお金がまったくかからず、そしてラブラブしているといつの間にか暮らしに必要なものが手に入っているのであります。

これは21世紀最先端のオシャレなデートスタイルにちがいないっ!
[PR]

by wazofamily | 2012-03-27 14:05 | 自然に生きる
2012年 03月 26日

モニターシューズ・セカンドインプレッション

f0258061_148444.jpg

今日の屋久島は晴天!気温も一気に上がりポカポカ陽気。いつもの原っぱ道をMT10を履いて駆け抜けると最高に気持ちいい!本当にこの靴は靴を履いてないような錯覚に陥って心も足も解放されてハッピーになれます!
[PR]

by wazofamily | 2012-03-26 14:08 | 贈りもの
2012年 03月 24日

f0258061_1411129.jpg

親子との絆はモノを与え合うことではなく
共に創り出すことで生まれるものだと知る
[PR]

by wazofamily | 2012-03-24 14:10 | 家族
2012年 03月 24日

かぼちゃさん、ありがとう

f0258061_1494680.jpg

今日は大豆と小豆を植えた。太陽と屋久島の雨をたっぷり吸収してたくましく育ちますように。

作業中に去年、虫にくわれて畑に捨てていたカボチャをのぞくと・・・
カボチャから芽が出ていた。その瞬間、昔読んだ本のことを思い出した。

... 「昔の日本のお百姓さんは、3分の1は人以外の生きものたちに、3分の1は育てた野菜たちに、そして、残りの3分の1を自分たちでいただきましょう。」

そんな哲学がご先祖様たちにはあったと書いてあった。僕らが食べれないから捨てたカボチャは、人に食べられるために大きな実をつくったわけじゃ決してない。自分の子どもたちがしっかりといきていけるよに栄養ある実を作っていたんだと思う。このカボチャを生ごみ扱いで清掃車に出さなくて本当によかった。

このカボチャには、畑に生きる多くの生きものの食べものになりながら、子孫が生きていける土壌となる大事な役割がまだあったんだ。そして、僕ら家族が今年もたくさんのカボチャを食せることをも約束してくれている。

かぼちゃさん、毎年無償のおすそ分けを本当にありがとうございます。
[PR]

by wazofamily | 2012-03-24 14:09 | 農園
2012年 03月 23日

ワクワクポーズ

f0258061_14135116.jpg

そんなワクワクポーズでどんな夢を見ているのかな。

この子がいい夢を追えるように、まずは身近にいる僕が夢を追っていかないとだなあ。さあ、今日は畑でワクワク夢を耕そう!
[PR]

by wazofamily | 2012-03-23 14:12 | 家族
2012年 03月 21日

かわいいお弁当と

f0258061_141529.jpg

今日洸平は、にじのいえのお別れ遠足。
明日卒園を迎えるお兄ちゃんお姉ちゃんたちとの最後の時間。

明日でお別れするってことが分かっているのかいないのか。
さっき、満面の笑みで父ちゃんとにじのいえへ。
...
お弁当やおやつをとっても楽しみにしているので、今日はちょっとお弁当を可愛くしてみた。サンドイッチ弁当☆
なのに、きみ、その顔はないでしょ・・・
[PR]

by wazofamily | 2012-03-21 14:13 | 食べる
2012年 03月 12日

3・11という日

f0258061_1416645.jpg

東日本大震災から1年が経った。

あれから、何を想い、何を語り、如何に行動してきただろうか。


全国各地で行われたであろうイベント。もちろん屋久島でもチャリティーイベントが行われ、そのイベント会場で地震が起きた14時46分に黙祷と祈りが捧げられた。


でもその時間、私と洸平はイベント会場を後にして、15時から行われたアンパンマン交通安全キャラバンの方へ行った。

なぜこの日に、しかもこの時間にするのだろう、と疑問を感じつつも、ずっと前から洸平が楽しみにしていたバイキンマンと会える時間を優先した。

そのイベントが始まるのを待っている間に、14時46分が過ぎて行った。ガヤガヤする会場内で、心の中で黙祷をしたけれど、何事もなかったかのようにアンパンマンたちが登場して会場は大盛り上がり。

そして、洸平も大興奮で手をたたいたり、歌を唄ったり。

P10409791

イベントが終わる前に、主催者側のエライ人がお話しをしていたけれど、3・11のことには全く触れることなくイベント終了。



こっちに来て良かったのか・・・チャリティーイベントの方で洸平と一緒に黙祷した方が良かっただろうか・・・

と悶々と考えていたのだけど、



最後の最後に行われた握手会の後、洸平はバイキンマンと握手した手をしばらく嬉しそうに眺め、なでてもらった頭をさすっていた。

それを見た時、

あぁ、来てよかったなぁ

と思った。




もちろん、黙祷をしたり祈りを捧げたり、あの地震のことを振り返ったりする親の姿を見せるのは、洸平にとっても大切なこと。でもそれは、何も3・11という日に限ったことではないと思う。

今、目の前にいる我が子を守り、幸せにするためには、365日、自然の恩恵に感謝し、不必要なものは持たず、悔いのない笑顔ある一日を過ごすこと。

3・11も、9・11も、8・6も、その日が始まりでも終わりでもない。

一日一日のそれぞれの生き方が、地球の未来につながっているのだから。


たなかあゆみ
[PR]

by wazofamily | 2012-03-12 14:14 | 政(まつりごと)
2012年 03月 11日

麦畑

f0258061_1417534.jpg

12月の心葉(http://kokoloha.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-4a65.html
以来、全く報告していなかった麦畑。

少しずつ草取りと麦踏と土寄せをした効果あってか、ちゃんと出穂して少し色づいてきています。

... でも、これは一番成長がいいところで・・・(これでも)
畑半分に植えたニシノカオリという品種は、成長が乏しく、早々に草取りを諦めてしまったので、今は草に埋もれています。
もう半分に植えた農林61という品種は、写真のように大きく成長しているところもあれば、水はけが悪かったのかほとんど成長していないところもあったり。
穂の出方にもばらつきがあるので、黄金色になった穂から少しずつ手刈りしていくことになりそうです。

手刈りの後は、棒や瓶で叩いて脱穀して、製粉する予定。
どのくらいの小麦が採れるかなぁ~
[PR]

by wazofamily | 2012-03-11 14:17 | 農園
2012年 03月 04日

味噌作り

f0258061_14192612.jpg

今年で3年目になる、春恒例の味噌作り。今年は、子どもたちが大活躍!
みんなが持ち寄った圧力鍋でどんどん大豆を煮て、ミンサーでぐるぐるとペースト状にしていく。
「これが味噌になるの?」ととっても不思議そうな子どもたち。

今年は、けいちゃんの友人が作っている有機大豆と、海の精の自然塩と、玄米麹で味噌を作る。
... 去年は、麦麹と玄米麹半々で作ったけれど、玄米麹だけの方が甘味が出るらしい。

3回目ともなると、みんな手際よくてきぱきと作業が進んでいく。
全部で40㎏くらい仕込んだだろうか。
我が家はそのうち5kgを瓶に詰めて、去年と同様、表面に古味噌を塗って熟成。

大抵、カビ防止のために最後に塩を振るのだけれど、「古味噌を塗るとカビない」と知り、去年は塩を振った上から古味噌を塗ってみた。
すると、見事に我が家の味噌だけ、常温でも一度もカビが生えなかった。
ただ、ちょっと塩気が強くなった気がしたので、今年は塩を振らず、古味噌を塗るだけにしてみた。

この後、一か月後と梅雨時に全体を混ぜて熟成させ、8月には味噌が完成する。

味噌おむすびが大好物の洸平。気付いたら、味噌だけちょびちょび食べてることも・・・
あの大豆ペーストが味噌に変わっていく様子を一緒に観察&味見するのも楽しみだな。
[PR]

by wazofamily | 2012-03-04 14:18 | 食べる