心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 28日

ウジ桃

f0258061_16452815.jpg

大家さんから、

「ウジ桃って知ってる?硬い桃なんだけど、ビワみたいに煮たら美味しく食べられるかもしれないから採りにおいでー」

と電話があった。

ウジ桃なんて初めて聞いた。大家さん曰く、「熟すまで木においとくとウジ(虫)が入る」からそう呼んでいるそう。正式名称は分からず・・・

大家さんがむいてくれたウジ桃をいただいたら、ちょっと硬いけどちゃんと桃の味がして美味しい!!

早速、木に実っているウジ桃をたくさん採らせていただいた。

ちょっと柔らかくなっているとそのままでも十分美味しい。でも、アクがあってたくさん食べるとちょっと舌がしびれるので、大家さんの言うように砂糖煮にしてみた。

ビワと同じで、アクのある果物は皮をむくとすぐに変色してしまうので、むいた側から薄い塩水に浸けていく。そして、ひたひたの水と砂糖(適当)を入れて沸騰してから10分くらい弱火で煮た。

f0258061_1646397.jpg

黒砂糖で煮たの少し茶色くなってしまったけれど、桃の缶詰のようでとっても美味しい!これならそのまま食べてもいいし、タルトにしても美味しそう。

桃は山梨や長野など涼しい地方のものだと思っていたのでまさか屋久島で食べられるとは。

屋久島で採れるフルーツを使って、四季折々のスィーツも作りたいな。

いつも色々なことを教えてくださる大家さん、本当にありがとうございます。


たなかあゆみ
[PR]

by wazofamily | 2011-07-28 16:44 | 食べる
2011年 07月 24日

梅干し完成!

7月20日の日中から24日の日中まで干した梅。ようやく梅干しになりました。


干す前は黄色っぽかった梅が(http://kokoloha.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-f860.html)、干し上がると、
f0258061_16474247.jpg


キレイな梅干し色に。

1つ味見してみると、と~ってもしょっぱい!塩入れすぎたかな・・・

でも梅の香りが凝縮されていて、二つとない我が家の梅干し。やっぱり手作りは嬉しいし、愛おしい。

柔らかい梅干しが好きなので、再度梅酢に戻して完成。

f0258061_1648755.jpg

「梅干しの果肉をつぶして胸と背中に貼ると喘息が治まる」と自然療法の本で知り、洸平の喘息が突発的に出たときに、夜何度か試したことがある。確かに、ひどくなる前に貼ると翌朝治っていた。

これからおむすび以外にも重宝しそうだ。


たなかあゆみ
[PR]

by wazofamily | 2011-07-24 16:47 | 食べる
2011年 07月 21日

焼くほど

f0258061_16544257.jpg

粉の配合や酵母を変えながら、いろいろ試作中。

焼けば焼くほど、迷宮入りしてしまっている気がする・・・

しかも暑くて昼はパンがのどを通らない。

10月のオープンまでに「これ!」というものを仕上げなくては。


たなかあゆみ
[PR]

by wazofamily | 2011-07-21 16:55 | 食べる
2011年 07月 21日

土用といえば

うなぎ!

いえいえ、我が家では梅の土用干し。

台風が去り、その後はしばらく晴天が続くという予報なので、カンカン照りの中、6月に漬けた梅(http://kokoloha.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/2-ae11.html)を外に干すことにした。


せっかく買った梅を追熟させすぎて痛んでしまったり、そのまま食べられそうなほど柔らかくなったりしたので、梅酢が濁ってしまうかなぁ・・・と心配していたけれど、漬けて3日後に重石を外してみるととっても澄んだ梅酢が上がっていた。香りもとってもフルーティ。
f0258061_16562059.jpg

それから更に一ヶ月以上漬けて、さぁ土用干し!

f0258061_16564684.jpg

4kgくらい漬けたけど、広げてみるとこれくらい。 1つ1つ菜ばしでつまんで並べ、表面が乾いたら裏返す。正に「手塩にかける」だなぁ、なんて考えながら。

真夏の強い太陽の光りに照らされて、塩の結晶が浮かび上がる。

f0258061_16571676.jpg

途中梅酢に漬けて、再びザルの上に並べる。そのまま夜も終わず干し続け、夜露に当ててまた日中の強い日差しに当てる。これを三日三晩続ける。こうすることで、皮と実が柔らかくなるという。

さて、どんな味に仕上がるのだろう。


たなかあゆみ
[PR]

by wazofamily | 2011-07-21 16:55 | 食べる
2011年 07月 21日

ニューバランスから贈り物

f0258061_16534146.jpg

ニューバランスさんからトレッキングシューズ「MO70​3GH」のモニターを頼まれ、この夏使用してます。ファ​ーストインプレッションは、とにかく軽い!そして、ソー​ルはほどよく硬くて足場の悪いトレイルでも無駄な力を使​わずに快適に歩くことができる。また、GORETEXな​ので雨の多い屋久島の山道でも水の浸入はない。今までレ​ザーの靴を愛用していた僕にとってはびっくりするほどの​軽量&快適を兼ね備えたトレッキングシューズという印象​。しかし、重い荷物を背負った縦走などハードな登山には​不向きかもしれない。足首の保護に不安がある。また、ソ​ールの厚みがないので、ガイドで頻繁に使用する場合は、​ワンシーズンでダメになりそう・・・ この夏、はき続け​て、また報告したいと思います。 俊蔵より
[PR]

by wazofamily | 2011-07-21 16:52 | 贈りもの
2011年 07月 21日

和蔵のロゴマーク

f0258061_16503763.jpg

島の友達テルちゃんにお店のロゴを創ってもらった。


その一、地球にとって大切な太陽・森・海が元気でありますように。

その一、自然・他者(自分以外の人・地球に生きるあらゆる生きもの)・自分が調和し「わ(和)」が保たれますように。

その一、我が一族の家紋である三つ巴をロゴにすることで、僕らを育んでくれた先祖を大切にしていきたい。


そんな意味が、このロゴには込められています。


日本の固い印象の家紋の文様に、テルちゃんの柔らかさが混ざって、いい感じのロゴになったなあ。ありがとうテルちゃん!  俊蔵より
[PR]

by wazofamily | 2011-07-21 16:50 | 贈りもの
2011年 07月 15日

れっちごー!

「にじのいえ」に週2回通うようになってから、休みの日でも「にじのいえいこ!」と毎日言ってくる洸平。やっぱり子ども同士で遊ぶのが何よりも楽しい様子。家にいても、2人でおもちゃの車遊びは続かないし、「散歩いこ?」と誘っても「あついから家がいい」とか言うし(笑)、パソコンでアンパンマン見始めたらず~っと見てるし・・・

これじゃいかん!と思い、近くの春田浜へ!

おじいちゃんおばあちゃんからもらった水着と今一番お気に入りのホイールローダー(重機)の服を着て、洸平にはちょっと大きい浮き輪を膨らませたら洸平もその気になった様子。

「れっちごー!」
f0258061_16583997.jpg


こんな暑い日は、やっぱり外で遊ばないと!

沢は、私一人では連れて行く自信がないけど、春田浜は岩に囲まれていて全く波が来ないし流される心配がないから安心して一緒に遊べる。とは言っても、恐怖心が出ると海嫌いになっちゃいそうだから、ライフジャケットと浮き輪は欠かさずに。

f0258061_1659222.jpg

海の水を舐めて「おいし~」と喜ぶ洸平。私も子どものころやってたなぁ・・・(笑)

気持ちよくプカプカ泳いでると、もの凄い騒音が!見ると、明日の海開きに合わせて、海水浴場周辺の芝を刈ってホイールローダーで運んでいる 。どうやら洸平はそっちの方が気になるらしく・・・

「おわり!」と言って海から上がると、ホイールローダーの方へまっしぐら。
f0258061_16593684.jpg


超真剣な顔をして、海に入っているよりも長い時間ホイールローダーに釘付け。「もっと海で泳ごうよ~」という私の言葉なんて全く無視。

この集中力には敵いません(笑)

でも、短い時間でも海で漂うのは気持ちがいいなぁ。


たなかあゆみ
[PR]

by wazofamily | 2011-07-15 16:57 | 家族
2011年 07月 10日

ちょっと早い夏休み

青い空と青い海。こんな日はやっぱり沢遊び!

久しぶりに家族&りこちゃん&いっち、そして夜勤明けとくちゃんを誘って横河渓谷へ。


同級生のいっちが一緒で大興奮の洸平。

「ズボンがぬれる・・・」と言って水着を着ていても入りたがらなかったのに、フルチンになるととたんにテンションが上がる(笑)

ちょっと油断して溺れかけた時は、あぁ・・・もっと水嫌いになっちゃったかな・・・と思ったけど、やっぱり友達がいると楽しいのか、すぐに泣き止みまた笑顔で遊んでくれたのでほっと一息。

f0258061_1713623.jpg

自然遊びならやっぱりとうちゃん!父と子が一緒に遊んでる姿見てるだけで幸せだなぁ。

今年の夏は、いっぱい自然の中を冒険しようね!!
f0258061_172666.jpg

[PR]

by wazofamily | 2011-07-10 17:00 | 家族
2011年 07月 07日

青いトマト

やっぱり今年も立ち枯れ・・・
f0258061_174175.jpg


トマトの原産地は中南米のアンデス高原。栽培するには水分の少ない荒地が適しているらしい。ということは、雨の多い屋久島での栽培はムリ・・・?

去年は露地に植えてみたけれど、雨が多いせいか、実を付けることなく途中で立ち枯れしてしまった。今年こそは!と思い、自然農に反してトマトだけ鉢に植えてみた。梅雨の大雨の日は玄関に入れて、極力水分の少ない環境を作ったのだけれど・・・



子どもの頃、実家広島のばあちゃんは毎年食べきれない程の真っ赤な大玉トマトを持ってきてくれて、夏は毎日トマトジュースにして飲んでいた。屋久島に来てからも、近所に住んでいたすずこばぁの畑では、ミニトマトがたわわに実っていた。だからてっきり、トマトは作りやすい野菜なんだと思っていた。

でもいろいろと調べてみると、トマトは病気が入りやすくて栽培が難しい野菜のよう。

「ばあちゃんはトマト作りの名人だったんよ!」 この前の母との電話で初めて知った。

あぁ・・・もっとばあちゃんやすずこばぁにトマトの作り方を教えてもらえばよかったなぁ・・・。(農大で何を勉強したのだろう 苦笑)


ただ、今回の失敗で少し勉強し、芽かきを雨の日にすると病気が入りやすいということを知った。来年こそは!!

・・・いやいや!芽かきをして露地に挿し木をしたトマトはまだ元気に育っている。このトマトはなんとか病気にさせることなく育てたい。



立ち枯れしてしまったトマトの実。青いままだけど、友達が青いトマトも食べられると教えてくれたので、今日ピザに乗せて食べてみた。
f0258061_1745738.jpg

歯ごたえがあって、意外と甘くてびっくり!立ち枯れしてしまったけれど、ここまで大きな実を付けてくれてありがとうトマトさん。今日までの命を無駄にすることなく、美味しくいただきます。


たなかあゆみ
[PR]

by wazofamily | 2011-07-07 17:03 | 食べる