心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 28日

主食になるパン

パンと言えば、食パン、菓子パン、惣菜パン、フランスパンなど様々あるけれど、私が毎日食べたいパンはフランスパンや食パンのような主食になるパン。

私の中で、パン=おやつ、ではなく、パン=主食。

もちろん日本人なのでご飯が好きだけど、三食の内の一食はパンを食べたい。それも、しっかりとお腹に溜まるパンを。


今年の10月オープンを目指して準備を進めているパン工房。パン屋の名前やロゴ、看板、ショップカードなどなど、準備したいものはたくさんある。でも、一番大事なのはパンの味。パンが美味しくなければ、どんな素敵な看板を作ったって誰も食べてはくれない。

材料をあれこれ集めればそれなりの味にはなるだろう。でも、ずっと変わらない私のコンセプトは、“身近な材料をよりシンプルな配合で作るパン”。チーズや餡を入れるのは、美味しい生地ができてからでいい。まずは、私が大好きなバケットと食パンを目指す味に近づけたい。

オープンまでは、とにかく知っている限りの技術を活かして焼き続けよう。

f0258061_177994.jpg

[PR]

by wazofamily | 2011-06-28 17:05 | 食べる
2011年 06月 21日

古い味噌の力

今年は例年よりも梅雨に入るのが早く、雨の降り方も半端じゃない。5月後半の台風が去ったあと2~3日はスカッと晴れた日があったけれど、それ以来ほとんど青空を見ていない。去年までは屋久島の梅雨でも耐えられるなぁと思っていたけれど、今年は、みんなが「屋久島の梅雨は半端じゃない」と言うのが良く分かる。

3月6日にみんなで作った味噌。今年はカビがすごいだろうなぁ・・・と思っていたら、

f0258061_1782681.jpg


ん?? カビてない!

だいたい味噌を作るときは、表面に塩を振ってから重石をするのだが、古い味噌を塗るとカビが来ないと聞いたので、今年は塩を振った上に更に去年の味噌を塗ってみた。

f0258061_1785649.jpg


梅雨前に一度混ぜた後は塩を振らずに去年の味噌だけを塗った。

それでもカビずに熟成が進んでいる。

1年熟成された味噌は、市販の味噌と違い冷蔵庫に入れなくても保存できるし、新しい味噌のカビ防止にもなる。

古い味噌の力ってすごい!!

夏過ぎて食べごろが楽しみだな。


たなかあゆみ
[PR]

by wazofamily | 2011-06-21 17:07 | 食べる
2011年 06月 17日

水と色を感じる

梅雨に入り、ず~っと雨続きの屋久島。外で思いっきり遊びたいけど、この時期はどうしても家の中でおもちゃ遊びになってしまう。

でも、そんな時期でも子どもと一緒に楽しめる遊びがある。それが、育児サークル「大きな森」で今日行われた『ぬらし絵』という遊び。、シュタイナー教育(ウィキペディアフリー百科事典 参照)で用いられる水彩技法らしく、友人のテルさんに教わりながら親も子どもも一緒になって絵を描いた。

ぬらした紙に赤・青・黄の3原色で描いていく。何かを描くということよりも、色彩を感じることが大切らしく、これまで学校教育で何かを見ながら描いていた私にはとても難しい。それが子どもたちはどうだろう。
f0258061_1712216.jpg

何かをイメージしているのかいないのか分からないけれど、色の付いた筆を自由に動かしていく。初めて筆を持った洸平は、初め戸惑っていたけれど・・・

f0258061_17124646.jpg


f0258061_1713011.jpg

ぽんぽんと筆を置くとにじみ上がる色が面白かったのか、好きな色を筆に付けてはぽんぽんし始めた。そして線を描く。描きながら「けーとらっく」と言っていたので、きっとタイヤや車体をイメージしていたのだろう。

f0258061_17131983.jpg

2歳と3歳の子どもたちが描いた絵。にじむと色が重なり、重なると変わる色。乾く過程でまた交わる色。それぞれ何を感じたのだろう。
f0258061_1713452.jpg

クレヨンやマジックとは違う筆の感覚。色の交わり方。きっと描くたびに新たな発見があるのだろう。おもちゃ遊びだけじゃなく、たまには一緒にこんな遊びもいいな。大人も、凝り固まった感性が柔らかく開かれるかもしれない。


たなかあゆみ
[PR]

by wazofamily | 2011-06-17 17:10 | 家族
2011年 06月 11日

待つこと

野菜があまり採れないこの時期。ちょっと時期外れだけど、洸平との散歩ついでにツワブキを採ることにした。

香りも歯ざわりも良くて大好きなツワブキ。でも、皮を剥くのはちょっと苦手。アクで爪の間が黒くなるし、たくさん剥くとしばらく痛いから。それでも食べるためにはやるしかない。洸平がおもちゃで遊んでいる側でやろうかな、と座り込むと、

「こーへーもやる」

と言っておもちゃそっちのけで剥き始めた。どうやら、ポキっと折ってスーっと剥ける感覚が面白いらしい。

「のび~るのび~る」

と言いながら真剣に剥いている。
f0258061_17163259.jpg


きっと1~2本で飽きるだろう、と思っていたら、終わるまで一緒に剥いてくれた。終わると「てってがいたい」と言っていたけれど。

夕飯のとき、ツワブキの煮物を出すと、

「こーへーむいた!」

と得意気に父ちゃんに話していた。

お手伝いなのか、遊びの一つなのか。どちらにしても、面白ければ子どもは何でも真剣にやるのだろう。そして、終えた後の達成感や褒めてもらった時の喜びを知ると。



「子どもだから」と何でもやってあげたり、やろうとしているのに「遅い」と言って取り上げたりしてしまいがちだけど、何でもやろうとする子どもの気持ちを大切にしようと思った。そしてできるまで待ってあげよう、と。

いつも「ちょっと待ってね」と言う私を待ってくれているのだから。


たなかあゆみ
[PR]

by wazofamily | 2011-06-11 17:15 | 家族
2011年 06月 11日

2度目の梅干し

昨年、うっかりしていて作るのを忘れていた梅干し。一昨年にけいちゃんたちと作った梅干しがすごく美味しくて、昨年作らなかったことをすご~く悔やんでいた。今年こそは忘れず作るぞ!

そう意気込んでまずは梅探し。有機栽培の梅ならネットで探せばいくらでもあるけれど、できれば地元の梅を使いたい。でも屋久島で手に入れるのは無理かなぁ~と思っていたら、“ぽんたんかん”という地元の野菜なども販売しているお土産屋さんで発見!値段も手ごろだし、粒も大きめ。たぶん無農薬とか有機栽培とかじゃないだろうけど、地元のもので作れる方が嬉しいので、即購入。

嬉しくて嬉しくて、早速ヘタ取りをしたのはいいけれど・・・

梅5キロが入る容器がない・・・と終わってから気付く。今ある物をフル活用してなんとか漬けようと考えたけれど、毎年漬けるなら一生使える物を買った方がいい。急いでネットで瓶を注文。

でも、瓶が届くまでの間に青梅は良い香りを漂わせながら良い色に色付き、瓶が届いた時には既に完熟状態。ちょっと痛んでるものも・・・

きちんと段取りができていなかった、と深く反省しながら2度目の梅干し作りが始まりました。

f0258061_17143660.jpg


f0258061_1715375.jpg

[PR]

by wazofamily | 2011-06-11 17:13 | 食べる
2011年 06月 04日

おじいちゃんおばあちゃんと孫

先日、俊三のご両親が屋久島へ遊びに来てくれた。

たくさんは話さないけれど、いつも洸平や私たちのことを想ってくれるお父さん。何かあるといつも親身に相談にのってくれるお母さん。大好きな2人に、2歳になりたくさん言葉を覚え一生懸命お話する洸平の姿を早く見てもらいたい、とずっと心待ちにしていた。

俊三の実家で洸平を産み(俊三の心葉http://kokoloha.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-cc14.html  私の心葉http://kokoloha.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-13cb.html)、その後2回ほど洸平を連れて遊びに行ったけれど、洸平は覚えているだろうか・・・

f0258061_17202193.jpg


あら・・・やっぱり忘れちゃったかなぁ・・・。初日の紀元杉では寝起きだったこともあり、抱っこして笑顔で記念撮影のつもりが泣いてしまってうまく撮れず。

でも、その後家で一緒に遊んでもらうと大喜び!お父さんにまで「やだよー!」と主張するほどに(笑)お父さんたちが山へ行っている間もずっと「おじいちゃんおばあちゃんは?」と聞かれ、私と遊ぶよりもそっちが気になる様子。

近所にも、洸平を可愛がってくれるじいちゃんばあちゃんがたくさんいるけれど、その時の喜び方とは全く違う。こんなに小さくても、ちゃんと分かってるんだなぁ。

f0258061_17205166.jpg

見送りの船の前で淋しそうに泣く洸平を見て、もっとおじいちゃんおばあちゃんと過ごす時間が必要だなぁと思った。なかなか会わせてあげられなくてごめんね。

でもきっと小学生になったら1人で福岡まで会いに行くだろう。小さい俊三が東京から飛行機でおじいちゃんおばあちゃんに会いに行ったみたいに。


たなかあゆみ
[PR]

by wazofamily | 2011-06-04 17:17 | 家族