心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 29日

眠れぬ夜

9月から毎月鼻風邪をひいては顔を真っ赤にして吐きそうになるほどの咳をしていた洸平。今月の初め、さすがにひどかったため病院で診てもらうと、小児ぜんそくと診断された。

ぜんそくについて全く知識のなかった私は、アレルギーと聞いてショックだった。なぜ洸平が・・・?何が悪かったのだろう・・・と自分の産前産後、これまでの子育てを振り返りながら、ぜんそくについて勉強する日々が始まった。

「まずは風邪をひかせないこと」と病院で言われたけれど、寒くなって空気も乾燥しているこの季節。どうやって風邪をひかさないようにできるのだろうか・・・、元気だと思っていたら突然鼻水をたらし、次の日にはむせ返るほどの咳が出て苦しそうな日が続く。でもだからと言って、家でじっとしていたら治るというわけじゃない。走り回って遊んでいる方が気が紛れて風邪も吹き飛ぶかもしれない。

そう思い、先週の土曜日、友達とその子どもたちと一緒に夕飯を食べることに。同級生と遊べるのが嬉しくて大興奮で走り回る洸平。あまりに興奮しすぎたからか、眠りに付いたかと思ったら突然激しく咳き込み大泣きしながら布団でばたばた暴れだした。抱っこしても体を仰け反らせて暴れてしまい、どうしていいか分からない。呼吸困難になり、ほとんど息が吸えていなかった。

私までパニックになりそうだったけれど、看護師の友人が背中をさすってくれて、徐々に呼吸がスムーズになりうとうとし始めたので、そのまま家に帰って寝かしつけることにした。夜中2時頃、再び呼吸困難になったけれど、今度はさっきよりは早く落ち着いて、その後は何度か起きるものの、抱き寄せて背中をさするとすぐに眠りに付いた。でも、静かになると逆に心配になり、何度も洸平の様子を確認しながら長い夜が明けた。

朝。何事もなかったかのようにいつも通り「ちゅいた(お腹がすいた)」と言って目覚め、変わらぬ1日を過ごした。

病気を甘くみてはいけないと痛感した。病院や薬の力を必要としないとどうにもならない時がある。その万が一に備えることも親の役目なのだと。

でもそれに頼りすぎてもいけない。病気は日々の暮らしによって引き起こされる。一日一日の食事や生活リズムが私たちの体をつくっているのだから。

万が一に備えながらも、日々、自然に寄り添った暮らしの中で生きる力を育んでいこう。洸平がその大切さを教えてくれている。
f0258061_21504956.jpg

阿弓より
[PR]

by wazofamily | 2010-11-29 21:50 | 家族
2010年 11月 26日

世界平和を願う若者

f0258061_21475824.jpg

16日からうちに泊まっていたダイチくんが今日島を去り屋久島の南にあるトカラ列島へ向かった。フェリー乗り場まで見送り世界平和を願って別れた。

2年前の今頃、東京農大の卒論の旅で屋久島に寄ったのが出会いのきっかけだ。その後、彼はオーストラリア、タスマニアを旅し、帰国後はツリークライマー取得、添乗員として旅の引率をしていたそうだ。そして、今回再び海外を旅する計画で、その前に興味のある国内の場所を巡るということで、再び和蔵に遊びにきてくれた。

「ウーハーをしたい!」ということだったので 、家事から風呂焚き、農道の補修、パン工房建設を手伝ってもらった。
f0258061_21485757.jpg

これから、パン工房を造るにあたって、基礎の石がたくさん必要だった。一人では持てない大きな石をいっしょに運んでくれたのは本当に助かった。そして、息子の世話を本当によく見てくれたのだ何よりも嬉しかった。洸平は「く~ん、く~ん(おそらくダイチ君の「くん」を言ってるのだろう)」といってとてもダイチ君のことを気に入っていた。ありがとう!

これから海外を旅する予定が、四万十でとてもいい出会いがあったそうで、そのときワクワクするインスピレーションが湧き、進路を変更して都内でNPOを立ち上げることに。


「都会と農村をつなぐツアーを企画することで過疎化する農村の人たちに元気になってもらいたい!」


2年前の彼の言葉「写真で世界平和を叶えたい!」の手段は変わったけど、心はまったく変わっていなかった。いつか和蔵の農家泊も実現するかもしれない。お互い思いを形にしながらレベルをあげて、次は仕事で再会できる日を楽しみにしてるよ。


頑張れ夢追い人ダイチ君!  俊蔵より
[PR]

by wazofamily | 2010-11-26 21:47 | 家づくり
2010年 11月 24日

迎え酒の準備

f0258061_21432085.jpg

おっ、洸平くん。朝から片付けの手伝いですか?

昨日は九州放送さんの撮影で、島の人と撮影スタッフの人たちと焚き火をしながらガッツリ飲んだので朝起きると庭は今だ荒れ放題・・・
f0258061_21433993.jpg

あれれ?片づけじゃなくてもしかして火起こし?
でもそれじゃあ火はつかないよ。
f0258061_2144841.jpg

おやおや?今度は網を持ち出したぞ。

f0258061_21443655.jpg

今度は炭をどうするつもり?

f0258061_21445817.jpg

網の下に入れようとしてるの?

f0258061_21452082.jpg

「できたっ!!」

そうか、そうか。昨日は飲み足りなかったんだな。
ツマミは炭火で焼いたお気に入りのシイタケがいいんだな。
よし!今日は朝から飲もうじゃないか、息子よ!  俊蔵より
[PR]

by wazofamily | 2010-11-24 21:41 | 家族
2010年 11月 23日

アペルイの暮らしがテレビに

f0258061_2140174.jpg

12月18日(土)19~21時、TVQ九州放送「きらり九州めぐり逢い」でアペルイの暮らしぶりが放送されます。そして、屋久島の写真提供も依頼され嬉しいかぎりです。

吉本新喜劇の寿一実さんと元チェッカーズの音楽家である鶴久政治さんが和蔵の畑や家を散策し宴を楽しむものです。その他、屋久島で楽しげなことをやっている人たちも出演するそうなので、以下の地域に住む方は是非ご覧ください!
[PR]

by wazofamily | 2010-11-23 21:40 | お知らせ
2010年 11月 23日

車がマイブーム

f0258061_2138209.jpg

「たっく~(トラック)」

車が好きな洸平は最近、積み木を入れる箱の車を改造して荷台を取り付け、オモチャを運んでいる。

洸平、このデコトラかっこいいぞ! 俊蔵より
[PR]

by wazofamily | 2010-11-23 21:38 | 家族
2010年 11月 17日

親の仕事を真似する

f0258061_2136254.jpg

パン工房の束石をダイチ君と運んでいると、洸平も顎や手を必死に使って小さな石を抱え始めた。

頼もしくなったなあ。

これから、いっしょに母ちゃんのパン工房をつくっていこうな。  俊蔵より
[PR]

by wazofamily | 2010-11-17 21:35 | 家族
2010年 11月 15日

幸せの原点

f0258061_21341814.jpg

自然の恵みを楽しみに待ちながら、シイタケの成長を待つ。

そして、待ちに待った収穫を終え丹精こめて火をともし、自然そのものの味をシンプルにいただく。


それだけでもう僕ら家族は幸せ。いや、それこそが究極の幸せだと思う。

洸平はもうシイタケ大好きでヨダレたらしまくりです。笑
[PR]

by wazofamily | 2010-11-15 21:33 | 自然に生きる
2010年 11月 15日

ニンニク植えの季節

f0258061_21321939.jpg

ニンニクの選別。5g以上のものを植えることに。けど途中からは量りに置くのが面倒となり、ニンニクさんと対話をし「僕は元気に育つよ!」と言ったニンニクを第六感を働かせて選び出すことに。 その後、僕が毎朝せっせと用を足した畝に一つ一つ丁寧に植えた。


去年はそれなりに収穫、今年はうまく育たず全滅・・・

さあ、来年はうまく育って我が家に喜びを運んできてくれるかな。楽しみ楽しみ。

そんな肥料でできたニンニク食べたくないって?人は一番栄養のあるものを食べてる生きものなので、人糞は極上の肥料なり!のはず・・・笑  俊蔵より
[PR]

by wazofamily | 2010-11-15 21:31 | 農園
2010年 11月 12日

さつま芋のツルを食べる

この季節、植えてもないのに畑の周りを覆うように伸びるさつま芋のツル。このツルを見る度に、うちのばあちゃんやすずこばぁが、「昔はさつま芋のツルも食べたんよ」と言っていたことを思い出す。でもそれは食べ物のない時代にしかたなく食べていたから、山菜などのように自ら進んで採って食べようなんて考えもしなかった。

でもこの前、近所のヒデカズさんが「野草の本見たら、そこら辺のもんほとんど食えるって書いてあったで。さつま芋のツルもきんぴらみたいに味付けしたら旨いらしいな。」と教えてくれた。美味しいなら食べてみなくては!

早速、洸平と一緒にツルの先端の柔らかいところを摘んでみる。今まで食べ物という意識がなかったから何とも思わなかったけれど、食材として摘んでいるととても柔らかくて美味しそうに思えてくる。最近お手伝いをしたがるようになった洸平も、いっちょまえにザルを持って柔らかそうなところを探している。(たぶん)
f0258061_21284056.jpg


「さっと炒めた方が食感が良くて美味しい」と聞いたので、にんじんを炒めた後にツルをさっと炒めてきんぴら風に。
f0258061_21293846.jpg

ちょっぴり恐る恐る、食べてみる。独特の香りとにんにくの芽のような食感にびっくり!さつま芋のツルがこんないい香りがするなんて知らなかった。そしてしゃきしゃきした食感。旨い!!俊三が、「にんにくの芽みたいだから、中華風の味付けも旨いかも!」と言うので、後日それも作ってみた。これまた旨い!!

さつま芋のツルは、ビタミン、ミネラル分、食物繊維が豊富で、胃腸を強くし便秘解消にも効果的らしい。さらに調べてみると、先端だけではなく、ツルのわき芽の茎も筋を取るか重曹で茹でるかすると食べられるらしいのだ。こんなにたくさん生えているのに、今まで食べなかったなんてもったいない!さつま芋のツルさんごめんなさい。植えているわけではないので芋の方は期待できないけれど、これからはツルを収穫するために残しておこう。

その土地に勢い良く生える野草は、きっと人間が育てた野菜よりも豊富な栄養分を蓄えているのだろう。野菜作りにとらわれず、身の回りに生えている野草にももっと目を向けてみよう。そのうち、野菜作りをやめて、野草食暮らしになったりして(笑)

阿弓より
[PR]

by wazofamily | 2010-11-12 21:27 | 食べる
2010年 11月 11日

整地場の主

いよいよパン工房をたてはじめようと、整地をしていると葛(クズ)の根元を発見。今年、ケタンキ(ハマヒサカキ)の生垣を覆った勢力絶大なツル植物。

「根っこを取らんと何ぼでも出てくるわ。」

そんな島の人が言っていた話を思い出した。こまめに出てきたツルを抜いていけばいずれ死に絶えるだろうと内心思っていたけど、やっぱり島の人が言うことは間違ってなかった。
f0258061_21263428.jpg


どこまで掘っても肥大した根っこが土の中で栄養を蓄えていた。すごい・・・一番太いところで直径10cmほど。地上部は5mmも満たない細いツルなのに・・・

このぶっとい根っこは葛根湯や葛粉として僕らの体を元気にしてくれる。農家さんとって「くず」扱いされる切っても切っても生えてくる生命力を頂けば元気になるのもうなずける。

早速、阿弓は葛粉の作り方をネットで調べだした。
ものすごく手間なことが判明したのだけど・・・
我が家の大事な薬になるのだから頑張ってね、母ちゃん!笑  俊蔵より
[PR]

by wazofamily | 2010-11-11 21:24 | 自然に生きる