心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 28日

自家製味噌

約5ヶ月前の3月11日。友達のけいちゃんとなっちゃんに習いながら、初めて味噌作りをした。毎朝の味噌汁に自家製の味噌が使えたら最高だなぁ~なんて思いながら、長期間熟成するものはカビさせそうで怖くてずっと踏み出せないでいた。でも、梅干同様、味噌もけいちゃんが毎年作ってるというので、思い切って挑戦してみた。
f0258061_035713.jpg

茹でた大豆をチョッパーでつぶす
f0258061_0355832.jpg

同量の麦麹・米麹に塩とつぶした大豆を混ぜる
f0258061_0365198.jpg

丸めて瓶に投入
f0258061_037149.jpg

表面に塩を振って瓶の周りを焼酎で消毒

~重石をして1ヶ月~
f0258061_0375110.jpg


混ぜ混ぜ・・・まだカビは大丈夫!

梅雨時期にもう一度かき混ぜる。ちょっぴりカビが・・・でも取り除いて消毒して、重石を少し軽くして更に熟成。


~待つこと5ヶ月弱~
ちょっと早いけど、待ちきれなくて開けてみた。わぁっ!!!更にカビが!? でも重石とラップの境のところだけだったから大丈夫。ゆっくりと取り除いて・・・
f0258061_0382667.jpg

完成!!味見してみたら、まだちょっと若い気がするけど、ちゃんと味噌になってる!!初めての自家製味噌、屋久島の梅雨にも耐え、無事に完成させることができましたぁ~!最近暑くて味噌汁を作ってないから、畑で採れたキュウリにつけてみよっと!

教えてくれたけいちゃん、なっちゃんありがとう。  阿弓
[PR]

by wazofamily | 2010-07-28 00:33 | 食べる
2010年 07月 26日

靴を履いた縄文人

f0258061_0315569.jpg

f0258061_0322133.jpg

ようやく靴を履けるようになった縄文人・洸平。
いっちょまえに帽子もかぶって家の周りをふらふらお散歩。
と思ったら、やっぱり裸が一番快適そう。  阿弓
[PR]

by wazofamily | 2010-07-26 00:31 | 家族
2010年 07月 21日

すくすくのびのび

不耕機、無肥料の和蔵の畑。
肥料を与えていないとは思えないくらい、今年はキュウリ(だけ・・・?)がよく育ってます!
f0258061_029577.jpg

f0258061_0302442.jpg

 さぁ!夏真っ盛り!キュウリをたくさん食べて元気で行こー!   阿弓
[PR]

by wazofamily | 2010-07-21 00:28 | 農園
2010年 07月 08日

一生冒険 一生旅人

家族で島を廻った後、久しぶりにひとり屋久島の自然に飛び込んだ。最近ずっと心にひかかっていた存在・・・それは増水した沢。屋久島の自然の中で一番恐ろしく、変化が激しい。増水した沢は常にゴーっと轟いているのだが、その音の不思議な世界にひとり身をおき、ひたすらその爆音の中で力のかぎり屋久島の水を感じてみたかった。
f0258061_0261830.jpg


一生冒険 一生旅人

いつまでも旅をしていたい。

一時間ほど、山から押しよせてきた激流の水に無心でもまれていると海が見えてきた。水が旅のクライマックスを豪快に終えようとしている。水はまた海に戻りいつかまた雲となり、どこかの地の命を潤していくのだろう。水といっしょに知らない地を旅できたらどんなに楽しいことだろう。でも、屋久島にはまだまだ僕の知らない興奮がたくさんあると思うと、外の世界は当分お預けかな。この島の未知なる世界をもっともっと冒険していきたいな。  俊蔵より
[PR]

by wazofamily | 2010-07-08 00:25 | 自然に生きる
2010年 07月 08日

縄文人の背中

屋久島には縄文時代から人が住んでいたという。当時の遺跡も残っている。

屋久島にもついにモスバーガーが進出し、着々と近代化が進んでいる今日この頃だが、ふっと心を休めたい時はいつも西部の照葉の森に足が向いてしまう。里周辺では最も自然が残っていて空気感が全く違う。その人気のない空気感がたまらなく好きなのだが、ここもかつては人が住んでいたであろう跡があちこちで目に映る。今日は、家族で、その森にお邪魔してきた。

西部は島の中でも降水量がもっとも少なく比較的乾燥しているので、湿気王国の我が家とは別世界!すがすがしい静かな森に不意にあらわれる鹿や猿・・・そして、あたり一面を幻想的に演出する巨大なガジュマル・・・ここだけは、まだ人に支配されていない聖地だと思えてくる。

バチャバチャッ!バチャバチャッ!!

森の静けさが水の弾ける音で突然断ち切られた。何だろう。音の聞こえる方向に目線をやると・・・

縄文人がひとり狩りをしているではないか!
f0258061_0223892.jpg

棒に矢じりがないので、相当原始的な種族だと推定できる。衣もまとっていない・・・ いったい彼は何を捕獲しようとしているのだろう・・・

「ばーぶ~」

「ばっ    ぶ~」

まったく言葉が理解できない。しかし、これは屋久島一のスクープ写真が取れるかもしれない!ファインダーから彼を観察していると、何やら棒では獲物が取れないのか武器を棒から石に持ち替えた。彼はどんな狩猟方法で獲物を捕らえるのだろう。ドキドキしてきた。野生動物と対峙しているようだ。


興奮でカメラから凝視していると、こちらの緊張の糸を切るように、彼は突然走り出した!
f0258061_023487.jpg

縄文人さん、それじゃあ さすがに獲物は・・・笑

そんな彼が彼女を連れてモスバーガーでデートするのはいつの日になるだろうか。お金を稼ぐことを知らない彼は当分の間、原始的に試行錯誤しながら狩りの技を磨いて獲物を狙い続けるのだろう。

失敗を繰り返しながらも毎日の試行錯誤を止めない彼の背中は、まだまだ小さいけれど何だかたくましかった。 俊蔵より
[PR]

by wazofamily | 2010-07-08 00:22 | 家族
2010年 07月 04日

梅雨の中休みに

数日前、梅雨に入って久しぶりにカンカン照りの日があった。それまで降っていた雨が地面から蒸発し、ものすごい蒸し暑さだった。こんな日に家の中にいたら茹でダコになっちゃう!すぐに去年も使った青いタライを持ち出し、水を張って洸平と水遊び。

この時期は風呂の焚き付けが大雨でだと濡れてしまうため、風呂が炊けず毎日水風呂。洸平は冷たさにびっくりして毎晩大泣きしながら洗われていたから、水遊びも怖気づいちゃうかなぁと思っていたら・・・

「おー!」とか「イェイ!」とか言いながら、ペットボトルのじょうろや台所から持ってきたお玉や瓶ですくったり流したりを永遠と続けていた。それ以来、雨の日でも平気で(震えてたけど 笑)水遊びするようになった。

今年は、海や川にもいっぱい浸かろうね!
f0258061_021213.jpg

[PR]

by wazofamily | 2010-07-04 00:20 | 家族