心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 25日

一緒に高菜を漬けよう

f0258061_2117388.jpg

朝方雨が上がり、久しぶりに暖かい穏やかな1日となった昨日。夕方からまた天気が崩れるという予報だったので、その前に大きくなった高菜を収穫し、高菜漬けを作ることにした。

去年は、福岡のおばあちゃんが毎年漬けているような1年以上保存できる高菜漬けを作ったけれど、重石が軽すぎたり、置く場所が涼しくなかったりして、上の方にカビが生えて腐ってしまった。今年もチャレンジしたかったけれど、去年のように大きな樽に漬けるほど豊作ではないので、浅漬けにして冷蔵庫で保存することに。

収穫していたら、大家さんのお孫さんが遊びに来たので一緒に作業することにした。

私 「この葉っぱな~んだ?」

子どもたち 「白菜!ぼく白菜大好き!!」

私 「そっかぁ~!でも白菜はあっちに生えてるのだよ。これはね、高菜って言うの。食べてみる?」

子どもたち 「わぁ~、ワサビみたいに辛~い!!」

なんて会話をしながら、一緒に高菜を採ったり、洗ったり。

そして葉の全体量を測り、5%の塩と5~6本の唐辛子を刻んで一緒に袋に入れ、よく揉んで密閉する。
f0258061_211809.jpg

ちょうど17時の音楽が鳴り、子どもたちの帰る時間。「また来るねー!」と言いながら走って帰っていった。
次来た時は美味しい高菜漬けができてるはず。一緒に食べてみよう。   阿弓
[PR]

by wazofamily | 2010-02-25 21:16 | 食べる
2010年 02月 23日

過去を振り返る

f0258061_2115488.jpg

若かりし20代・・・もう5年前の 写真です。東北の山で仲間たちと大きな岩を動かしてました(笑)  いや~今と着てる服も帽子もかわってないなあ(笑) 腕が曲がっててこれじゃ力が入らなくて全然話になってませんね~(笑)

日本環境教育フォーラムが発行している「地球の子ども」の原稿の依頼があり、今日ようやく書き終えました。内容は写真の宮城県栗駒山での共同生活の体験記。今、僕が屋久島で変てこなことをしているのは、この栗駒での体験が色濃く影響してます。いや。ここでの出会いがなければ今、屋久島にいることはなかったでしょう。

栗駒は「しゅん!家は買うもんじゃない。自分で建てるもんだ!」の代表の縄張りです。

写真も数点ほしいと言われていたので、埃をかぶったCDRをパソコン入れると、何ともなつかしい写真たちが出てきて、今日は幸せな時間が流れてました。そんな中で、この写真が昔と変わらずやっぱりお気に入りの一枚。

この大きな石を動かすのに皆の知恵が総動員され、失敗を繰り返しました。

「エジプトのピラミッドを作った人たちはすごい!」とか言いながら、鉄パイプをつかってみたりロープを持ってきたり・・・試行錯誤を繰り返し、ようやくどかすことが出来たときの皆の生き生きとした顔、今でも鮮明に思い浮かびます。

山奥でアカの他人と寝食を共にするストレスは正直半端じゃないです。けど、雪の銀世界となる山奥と言う隔離された環境で、一人で生きていくことが出来ないのは皆がわかっていること。だからこそ厳しい自然のなかで生まれる人との心温まる心のやりとりと協力しようとする歩み寄り。時には、喧嘩や口論もあったけど、皆で廃材で家を建てたり、畑を耕したり、農家さんの手伝いをしたり・・・本当に楽しかった。不便でしょうがないからこそ、皆で力を合わせた。気持ちが辛くなるときは、大いにバカなことしあって笑い転げた。

皆、今何してるかなあ~
過去を振り返るのもたまにはいいですね。


僕にとって生きる原動力は人との出会いに他なりません。
今年はどんな出会いがあるかなあ。
大切な思いを再確認できた甘~い一日でした。
なーんて気を緩ましてたら風邪をこじらしました・・・
明日より気持ちを入れかえ夢を追います!   俊蔵より
[PR]

by wazofamily | 2010-02-23 21:14 | 自然に生きる
2010年 02月 22日

仕事の報酬は

f0258061_21115926.jpg

「首からさげる袋じゃ、重心がずれてようけタンカンがとれん。」

「だからシャツをズボンの中に入れてシャツの中にちぎったタンカンを入れてみたけど、入れすぎるとポロポロわき腹からおちてしまう。」

「これじゃダメだと、去年からは裾に紐が通してあるこの服を着てやってみたが、これが一番だ~」


75歳になるじいちゃんは僕らがキャタツにのってちぎる倍以上のタンカンを懐にいれながら自由自在に木の上のタンカンをもいでいく。


「仕事の報酬は金じゃないぞ」

「仕事の報酬は仕事だと自分は思う」



仕事の質を高めることで信頼を得て、新たな仕事へつなげていこうとする姿勢。


そんな信念をもちながら汗をかくこのおじいちゃんが何とも生き生きとたくましく僕の目に映りこみやる気がメラメラと湧いてきた。 俊蔵より
[PR]

by wazofamily | 2010-02-22 21:12 | 自然に生きる
2010年 02月 22日

ピーマンの種採り

今年の夏用のピーマンの種採りをした。今ごろ??と思うかもしれないが・・・

本には、「秋ごろ赤く熟れて表面の水分が抜けてしわしわになったら」と書いてあるのだが、屋久島は暖かいからなのか、冬になってようやく赤く熟れてきて、今ごろしわしわになったので、昨日種を採ることにした。

種用に残しておいた3つの内、2つはちょっと腐りかけで、もう1つはちょっとしわしわになったかな、というくらい。

それを、水を張ったボールの中で種をしごき取り、沈んだ種だけを選んで乾燥させる。
f0258061_2183978.jpg

f0258061_2185366.jpg

3つの内、腐りかけた2つのピーマンの種は沈んだけれど、もう1つはほとんどの種が浮いてしまった。まだ熟れ具合が浅かったのかな。
f0258061_2191353.jpg

f0258061_2193660.jpg

沈んだ種を水を替えながら洗い、網じゃくしですくって新聞紙の上で乾かす。3つ分の種が採れるはずが、こんなに少なくなってしまった・・・

ピーマンの種蒔きは、3月下旬~4月上旬。この種で今年はどのくらいピーマンが実るだろうか。いや、まずは発芽するのだろうか・・・

和蔵園の畑に2回目の夏が来る。  阿弓
[PR]

by wazofamily | 2010-02-22 21:08 | 農園
2010年 02月 20日

前向きになる仕事

けいちゃんちの小屋ででた廃材を手に入れたカヤックの店スピニカのあきら君のアジトづくりは、どんどん進んでいく。健康な体と情熱さえあれば、大金がなくても家は建つ!を実践している。
f0258061_2152076.jpg

いよいよ屋根を貼るというのでゲンノウ、キャタツ持参で手伝ってきた。久しぶりの大工仕事は楽しかった。そして何よりも、皆であーだこーだ言いながら一つのものが出来あがっていくときの充実感はやっぱり心地いい。

総勢5名の助っ人がきていたが、みんな善意で来てるからいい雰囲気で仕事が出来ていたように思う。島にいるとお金を稼ぐ仕事が全てではないと実感する。

日々、色んな仕事をしている。

友人のために家づくりの手伝いをしてる
家族のために種を蒔き、パン工房を建てる準備をしてる
自分の夢実現のため海に潜り写真を撮ってる
集落のために草刈をしてる
地球が汚れないために合成洗剤は使わず、ボロ布で皿の油を拭き取ってから洗っている

こんな仕事をしながら、仲間と家族と集落の人たちと島の自然といい関係が持続していれば、もうそれだけで幸せだ。そのためにお金やっぱり必要なんだけど・・・

でも、お金は家を建てるためのゲンノウやキャタツと同じただの道具のようなもの。
だから、お金を稼ぐとこが目的になって、荒稼ぎしたとこで道具が増えてしまうばかりで幸せはやってこない。
どんな家を建てようか、どんな生き方をして人生楽しむか!そんな目的を持ってなければお金は便利な道具にはならず、むしろ創造のない消費ばかりの退屈な日々に人を引きずりこんでしまう。

栗駒の隊長が言ってた。

人生とは「人」が何かを「生」み出すことだ!

だから不安や怠惰に溺れて、創造することをやめたくない。でも金はない!じゃあ、お金にかわる道具を生み出すしかない。柱が買えないなら山に捨てられてる間伐材を使えばいい。釘が買えないなら時間をかけて廃材から抜けばいい。重くて梁が上がらなければ、友にお願いしよう。そうだそうだ家は大金をはたかなくても建つんだった。

栗駒のマスターが口癖のように言っていた
「しゅん!家は買うもんじゃない。自分で建てるもんだ。」
久しぶりに、この言葉が心から溢れてきた。

久しぶりに熱い思いになる仕事をさせてくれてありがとう、あきら君!
また、いっしょに汗を流しましょう!
そして、パン工房の棟上のときは加勢お願いします!  俊蔵より
[PR]

by wazofamily | 2010-02-20 21:04 | 家づくり
2010年 02月 14日

森の恵みを持続可能で頂く

シイタケを栽培するために2週間ほどまえにスダジイを伐採していた。

この2週間で木の中の水分を抜くためだ。ところが、一昨日飲んだ亀ちゃんがホダ木(シイタケを作るための木、スダジイのこと)にするためにしばらくねかすのは、木に潜むシイタケの菌の繁殖を邪魔する菌を殺すためだと教えてくれた。フムフム・・・宴はやっぱり大事な情報が手に入る。これからもモリモリ飲もう。

今日、伐採場所に行くと葉は十分蒸散して疲れはて、茶色がかった色に変色していて、もはや葉の機能は失われている感じ。早速、1mのサイズのホダ木を作るべく、伐採したスダジイをチェンソーで細切れにしていく。
f0258061_2121676.jpg

細切れにしたあとは、ドリルで穴をあけ、シイタケの菌がぎっしり染み込んだ以下の写真のような木でできた栓をホダ木に打ち込んでいく。
f0258061_212401.jpg

岩手の葛巻で友人キムや子どもたちと打ったときは、収穫までに2年かかるといわれていたが、屋久島ではうまくいけば、今年の秋には収穫できるという。今年の夏の疲労はシイタケ祭で癒せそうだ。この心葉を見た方は、シイタケ祭クーポン券を贈呈しますので、秋の和蔵園に是非お越しくださいませ!

秋に皆で集いましょう!!!

春が来る前に秋が楽しみでならないなんて幸せですね。
f0258061_21394.jpg

ホダ木のために伐採したスダジイはしっかり「ひこばえ」という根元からでてる小さな枝を残すことで、またこの場所で大きく生長していく。この切り株の年輪を数えたら22~5年だったから、洸平が成人して酒を飲むようになったら、あそこにいいツマミのもとになるスダジイがあるぞと教えてあげよう。そのころ僕はすっかり頭もはげあがってる年ごろだが、「オヤジ!いっしょにシイタケ作って一杯やろうぜ」なんて言われたら最高に幸せなんだろうと思う。そのためにも、この世界遺産に登録されていない里の森も大切に後世に繋げていきたいな。  俊蔵より
[PR]

by wazofamily | 2010-02-14 20:50 | 自然に生きる
2010年 02月 13日

先人の教え

やはり守らなければ。
改めてそう思いました。

一週間前に干した大根に悲劇が・・・(2月7日の心葉)

干した次の日から屋久島は暴風&突然の大雨、そして気温は20度以上、という不思議な天気が続き、大根を広げたザルはほとんど外に出せず、家の中に入れっぱなし。
その間、突然暖かくなって活動し始めたアリが寄ってきたり、洸平にぽいぽいされたり、すず(飼い猫)に踏まれたり・・・

明日こそは外に!と思っていたら・・・
f0258061_19430100.jpg

やってしまいました・・・
すぐに天気予報をチェックして、乾燥して気温の下がる日が来るまでは冷蔵庫に閉まっておけばよかったのに、室内でも少しずつ乾くかも!なんて安易なことを考えていたために、大失敗。
せっかくいただいた大根が全部ダメになってしまいました。
根占(鹿児島県)の農家のお父さんお母さん、本当にごめんなさい。

やはり、大根を干す時は空気が冷たくカラとして寒風の吹く日がいい、という先人の教えを無視しちゃいけなかった・・・
失敗して改めて気付かされました。
次は失敗しないぞ!   阿弓
[PR]

by wazofamily | 2010-02-13 19:42 | 食べる
2010年 02月 11日

イチゴの血いただきます!

まこと君、かなちゃんからもらったイチゴ美味しくて感動した次の日、山でヒルに血を吸われました・・・きっとイチゴの甘い香りに誘われたのでしょう。

家に帰ってから発見し、すぐに火であぶって体からはがし、ヒルの毒素を絞り出したが血がなかなかとまらずまいった。毒素はヒルディンといって、血液を固まらせなくする酵素なので、しっかり抜かないと出血が続いてしまう。

甘~い感動の日もあれば、痛~いへこむ日もあるんだなあ。なーんてパソコンをパチパチ叩いていると、なぜがホームページのトップだけがどうしても更新出来ないことが発覚。ソフトをアンインストールしたり、夜中にいろいろ試行錯誤してみたが自分ではどうにも出来なかったので、ソフト会社に連絡をとろうとしたところ(ここの会社はメールでしか対応してくれない)・・・

メンテナンス中のため、13日までサポートを中止しています。

がーん・・・

こんなついてない日があると、次にやってくる新たな甘い感動が楽しみになってきますね。
なーんて、強がって気持ちを盛り上げるしかないぐらいへこんでます。
あまりに、前置きが長すぎましたね。
今日お伝えしたかったのは、

ホームページのトップ画面がしばらくの間、更新されません。
心葉および海の写真は引き続き更新していきます。
以上でした~。  俊蔵より
[PR]

by wazofamily | 2010-02-11 19:40 | お知らせ
2010年 02月 10日

イチゴいただきます!

f0258061_1938995.jpg

まことくんとかなこさんから頂いたイチゴ、ついに収穫です!

晴れの日まで待とうかな、なんて思っていたけれど、先っぽの方が虫に喰われた跡があったので、思い切って収穫することに。

「いただきます」と心を込めてもぎ取り、3人で少しずつかじって食べた。

「うまい!!!」


残ったヘタは、「ごちそうさまでした」と言いながら、元あったところへ。

他のも少しずつ熟れてきている。

ジャムが作れるほど、とまではいかなくても、熟れたものから1つずついただくだけで嬉しくて有難い。

まことくん、かなこさん、改めて、こんな幸せなひと時をありがとうございます!  阿弓
[PR]

by wazofamily | 2010-02-10 19:38 | 食べる
2010年 02月 08日

タンカン季節到来!

f0258061_19363373.jpg

今日はタンカンの収穫の手伝いをしてきました。

ポンカンをしのぐ甘みは病み付きになります。
「食べながらやるんだよ。のどか湧くからね~」
そんな言葉通りに、うまいもんだからパクパク食べながら作業したから、いまだにお腹ぱんぱんです・・・

いや~地球にタンカンがあって本当によかった。
今、屋久島はタンカンが最高に美味いです!  俊蔵より
[PR]

by wazofamily | 2010-02-08 19:36 | 食べる