心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:贈りもの( 10 )


2012年 08月 29日

ヒキチックから贈りもの

f0258061_6332539.jpg

今年の最強登山~白谷雲水峡・宮之浦岳・太忠岳~を3日連続で敢行したヒキチックから息子に手作りの車のタンクトップと妻には酵母パワーでつくるスープの本が、そして僕にはコンディショニング(疲労を残さないマッサージ&体操)の本が届いた。

どちらも僕らの夢中になっているものだったようで大喜び!
ありがとう、ヒキチック!
[PR]

by wazofamily | 2012-08-29 06:32 | 贈りもの
2012年 03月 26日

モニターシューズ・セカンドインプレッション

f0258061_148444.jpg

今日の屋久島は晴天!気温も一気に上がりポカポカ陽気。いつもの原っぱ道をMT10を履いて駆け抜けると最高に気持ちいい!本当にこの靴は靴を履いてないような錯覚に陥って心も足も解放されてハッピーになれます!
[PR]

by wazofamily | 2012-03-26 14:08 | 贈りもの
2012年 02月 17日

MT10屋久島上陸

f0258061_14353581.jpg

ニューバランスさんからのモニターシューズ第3弾が屋久島上陸!以下、ニューバランスさんのfacebookに投稿した内容です。

MT10のファーストインプレッションです。それはずばり、靴を履いていることを忘れてしまうほどのフィット感と軽さです! 明日から山に入ろうと思っていたのですが、雪で通行止めに・・・。これはMT10を履いて走ってやろうということで、雨の中少年に還りました。笑 だって、まるで裸足で走ってるみたいなんです!最高に気持ちいいです。ランニング後は、息子(3歳)といっしょに走っちゃいました。とにかく、走りたくなってしまうシューズです!
[PR]

by wazofamily | 2012-02-17 14:35 | 贈りもの
2011年 10月 11日

モニターシューズMO673

f0258061_10274812.jpg

ニューバランスさんからの次なるモニターシューズはMO673。デザインはレザーを使用し、派手さがなくて文句なしで僕の好みだ。男に山ガールたちの派手さはいらないのであります。屋久島のアカホヤ(粘土質の土)色で、汚れも目立たなくて最高!笑 履き心地は、MO703があまりにも抜群のフィット感だったので、それには劣ってるなあというのが第一印象だが、革が馴染んで来たらどうなるのか楽しみ楽しみ。

今日は屋久島の世界遺産エリアの照葉樹林を冒険。ハイカットのしっかりした登山靴では、斜面のきつい花崗岩の巨石を歩き回ると、いつも足首がうまく動いてくれずストレスになっていたのだが、MO673では皆無だった。だからといって、足首のホールドがあまいということはなく、MO703よりもしっかりと足首を支えていてくれているといった感じだ。

これから、がっつり履きまくって自分の足に馴染ませて育てていきます!
[PR]

by wazofamily | 2011-10-11 10:27 | 贈りもの
2011年 07月 21日

ニューバランスから贈り物

f0258061_16534146.jpg

ニューバランスさんからトレッキングシューズ「MO70​3GH」のモニターを頼まれ、この夏使用してます。ファ​ーストインプレッションは、とにかく軽い!そして、ソー​ルはほどよく硬くて足場の悪いトレイルでも無駄な力を使​わずに快適に歩くことができる。また、GORETEXな​ので雨の多い屋久島の山道でも水の浸入はない。今までレ​ザーの靴を愛用していた僕にとってはびっくりするほどの​軽量&快適を兼ね備えたトレッキングシューズという印象​。しかし、重い荷物を背負った縦走などハードな登山には​不向きかもしれない。足首の保護に不安がある。また、ソ​ールの厚みがないので、ガイドで頻繁に使用する場合は、​ワンシーズンでダメになりそう・・・ この夏、はき続け​て、また報告したいと思います。 俊蔵より
[PR]

by wazofamily | 2011-07-21 16:52 | 贈りもの
2011年 07月 21日

和蔵のロゴマーク

f0258061_16503763.jpg

島の友達テルちゃんにお店のロゴを創ってもらった。


その一、地球にとって大切な太陽・森・海が元気でありますように。

その一、自然・他者(自分以外の人・地球に生きるあらゆる生きもの)・自分が調和し「わ(和)」が保たれますように。

その一、我が一族の家紋である三つ巴をロゴにすることで、僕らを育んでくれた先祖を大切にしていきたい。


そんな意味が、このロゴには込められています。


日本の固い印象の家紋の文様に、テルちゃんの柔らかさが混ざって、いい感じのロゴになったなあ。ありがとうテルちゃん!  俊蔵より
[PR]

by wazofamily | 2011-07-21 16:50 | 贈りもの
2010年 12月 26日

自転車に乗ったサンタさん

昨日はクリスマス。なんだか嬉しくなって朝からチーズケーキを焼いたり夕飯のメニューを考えたり。クリスマスだからと言って、家を飾ったりプレゼントを用意したりするわけではないけれど、クリスマスを口実にちょっと普段とは違うものを食べたいなぁ。食べ物のことを考えているとそれだけで幸せになってしまう。

「そうだ!前から言ってた、薪ストーブの中でピザを焼くのを今日試してみよう!」

桜の木を倒して一仕事終えたけいちゃんも誘って、プチクリスマスパーティ♪


準備をしていると、自転車に乗ってけいちゃんがやってきた。家に入るなり、「洸平、メリークリスマース!」と言って洸平に茶封筒を手渡した。不思議そうに受け取った洸平は、すぐに袋を開けるかと思ったら、茶封筒に書いてある軽トラックの絵に大興奮。それだけで満足げな洸平を促し中身を取り出すと・・・
f0258061_17332283.jpg

なんと、洸平の大好きなリンゴと車のフィギュアが!早速、「にんご(リンゴ)!」「ブッブー」と言って大喜びで遊びだす。更に、私たちにまで燻製をプレゼントしてくれた。 けいちゃんサンタさん、素敵なプレゼントをありがとう。

さてお待ちかねのピザパーティ!薪ストーブの中の置き火を平らにならし、鉄板に乗せたピザ生地を置く。第一弾は、ストーブ内の温度が低くかったため、上のチーズがとろける前に生地の裏が真っ黒焦げに・・・。これじゃいかん!とガンガン薪をくべてストーブ内を暖める。今度こそ!
f0258061_17335647.jpg

顔を真っ赤にしながら、ガラス窓からピザを見守る。「わぁ~!!生地が膨れて来た!生地の周りとチーズに焦げ目も付いて来た!!!」 と大興奮。あっという間に焼き上がった。今度こそうまく行ったかな!?とわくわくしながら食べてみる。「お~!焦げてないし旨い!」

でも、1回目の失敗でビビッてしまい鉄板を2枚重ねにしてしまったため、生地の裏側の焼きがもう少し足りなかった。薪ストーブピザ、難しい・・・。でも、またチャレンジしてマスターし、今度こそ最高に美味しいピザをみんなに披露しよう!

薪ストーブ暮らし、益々楽しくなってきた!  阿弓
[PR]

by wazofamily | 2010-12-26 17:32 | 贈りもの
2009年 12月 07日

より質の高い旅へ

今日は島の人に高木の剪定を頼まれていたので、チェンソーを久しぶりに手にした。

6~7mも登ると、あの独特な恐怖と興奮で入り交ざった木の上の快適さを久しぶりに楽しめた。しかし、10年も伸ばし放題の木で、木の中は枝が無く、足場(枝)がないため、作業はかなり手こずり苦労した。


へとへとで我が家に帰ると、疲れが吹き飛ぶような言葉が部屋の奥から聞こえてきた。

「嬉しいものが2つ届いてるよ。」

一瞬でぴーんと来た!


贈りものは予想通り、新たなカメラと森林インストラクターの合格通知だった。
f0258061_7392772.jpg

これで、来年はより質の高い旅をお客さんに提供することができる。

自然旅ではガイドの質とカメラの質の向上が来年のテーマなので、この2つの届きものは最高に嬉しい。



より安全に感動の旅を

そして、旅の思い出を形(写真)に残してあげたい



来年の和蔵 、乞うご期待です!  俊蔵より
[PR]

by wazofamily | 2009-12-07 07:38 | 贈りもの
2009年 07月 17日

はじめての匙(さじ)

洸平は昨日で、生後6ヶ月。
寝返りができるようになってからあまり成長が見られないが、いよいよ離乳食が始まった。
初めて口にくわえるスプーンは、自然の素材のものがいいなぁと思い、家にあった竹のスプーンでおかゆをあげていた。
離乳食を始めて3日くらい経ったある日。
東京の国立に住んでいた時に大好きでよく行っていた『匙屋』さんから、小包が届いた。
『匙屋』さんは、桜や栗の木を使って、漆塗りの匙や碗などを作っているお店だ。

もしかして・・・
そう。中に入っていたのは、『はじめての匙』という名の付いた、あかちゃん用の匙。
しっくりと手に馴染み、柔らかく、口当たりが良く、食べさせるにもちょうどいい角度で作られている。
私はこの匙が大好きで、以前、出産した友人や姉にプレゼントしたことがあった。
まさか、自分がいただく側に立つとは。
実際使ってみて、改めて使い心地の良さに感動した。


離乳食を始めたばかりで、洸平が食べるのはまだ2口くらい。
おかゆよりも、この匙の方が気になるらしく、必死でつかもうとする。

「ガリガリ使って、たくさん食べてもらえたらうれしいです。」

そう手紙にあったように、もう少ししたらぱくぱく食べる日が来るのだろう。
しっかりと自分で匙を握って。
f0258061_2052824.jpg

[PR]

by wazofamily | 2009-07-17 20:51 | 贈りもの
2009年 03月 09日

友人からの贈りもの

今日は和蔵オープン!!!

とはいっても飲食店みたいに開店と同時にお客さんは来るはずもなく・・・
いつもと変わらない3人の日常風景がひろがっている

オムツを洗って昼飯つくって
洗濯物を取りこんで日が暮れていく

シンプルな暮らしのなかに生きる実感を感じていきたいけど
今日は僕ら夫婦がつき合いだした日でもある
日常に変化をもたせて今日を過ごしたい

島の友達を誘って今日は我が家で宴を開くことにした
とくにオープン記念とも言わず いっしょに飲もう!
と声をかけたら快く遊びに来てくれた

シイラの頭(1mぐらいの大きな魚)がのったパエリアと
トビウオの燻製サラダを作ってきてくれた

うちは 畑でとれた人参の天ぷらと春菊のナムルと豆乳スープ

そして 今回のメイン料理は友達のトビウオ燻製と
阿弓の天然酵母パンが融合した燻製バーガー

ご馳走を机いっぱいに並べて宴がはじまった

まだ洗練されていない手作りの素朴な味が僕は大好きだ
その人の人柄と思いを頂いているようで幸せになる

特に燻製バーガーは異なる二人の思いが交じりあって
微笑ましい味が噛むごとににじんできた

その味を酒に馴染ませれば もう気分は極楽浄土

うまい!!!
最高!!!
幸せ!!!


友達と阿弓は自分たちの料理法を聴きあいながら盛り上がっている
その風景は まさに僕らが夢に描いていた景色だった

一日をこじまんりと丁寧に過ごせる場
じっくり心を通わしあえる場
夢が広がっていく場

多くの人と心を交し合う中でお互いの夢を膨らましていきたい


最高の一日にすっかり酔いはじめた頃
我が家に一つ配達物が届いた

発砲スチロールには食品と出産祝いという字が書かれている
その字で送り主はすぐに せいちゃんだとわかった

そのなつかしい字は 大学の試験の数日前になると必ずご対面していた
そう いつも試験前には彼のノートを拝借し黙々と読み込んで試験に臨んでいた
僕以外の仲間も同じくして彼のノートのお世話になっていた
彼にお世話になっていたにもかかわらず
下手くそで解読不可能な字に皆イラつき
ばち当たりな文句ばかり言っていた

それでもせいちゃんはいつもノートを貸してくれたっけな

せいちゃん あの時はごめんなさい・・・笑

今の僕があるのはまさしく彼のお陰で
彼がいなかったら未だに大学を卒業できずにいたかもしれない

せいちゃん ありがとう

そんな愛すべきせいちゃんが北海道の幸を送ってきてくれた
発砲スチロールを開けると
もうこれ以上幸せな顔になれないと思っていたはずの
三人の顔は見事に変化していった


幸せに限界はない
明日への不安の上にあるワクワク感をいつも探していれば
毎日は幸せで楽しい

そして 友がその幸せをさらに膨らましてくれる


今日より和蔵始動します

f0258061_21182613.jpg

洸平!せいちゃんからズワイガニが届いたぞ!
[PR]

by wazofamily | 2009-03-09 21:17 | 贈りもの