人気ブログランキング |

心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 22日

ムカデでアナフィラキシーに

f0258061_14262677.jpg

今日は大工仕事をしているときにムカデからアタック受ける。3度目にしてはじめての激しいアレルギー反応に襲われました。

スズメバチや食べものなどでアレルギー反応が起きると、局所反応→中度アレルギー反応→アナフィラキシーという順番で症状が悪化していきます。

カナダの野外救急法を教えてもらているWMAからは全身にジンマシンがでても顔にでてなければ、アナフィラキシーの段階ではないと教わっていたので、ムカデにさされた後は、様子を見ながら作業をしてたんですが、顔にもで始めたので、これは「アナフィラキシーになるかも!」とジフェンヒドラミンが含まれているドリエルを服用して、病院へ。

途中、全身が火照りだして、パンパンにはれだし、気道が熱くなり始めました。ジフェンフィドラミンの効果はなく?(もかしたら、そのおかげで症状の進行が遅かったとも考えられます)、症状は悪化。

アレルギ反応で死ぬケースは、気道がはれ、呼吸ができなくなり窒息死する場合です。

気道が熱くなり、違和感を感じ始めたので、はれて窒息する恐怖を抱えながら、車で移動。無事、病院に到着できたので、事なきを得ました。病院での処置は、点滴に痒み止めの薬とステロイドを混ぜ込んで体内に注入。次第にはれとかゆみがひいていきました。

自然は楽しいけど、怖ものたくさんですね。

最近の子どもたちは、食べものでもアレルギ反応が起きて、窒息死するケースがあるので、みなさんお気を付けて!

いや~、皮膚の色が赤く変色していくとは聞いていなかったので、いい勉強になりました。

あまりに顔がひどすぎて写真は顔無しにしてますが、興味のある方はお見せします。笑

それと、冷静に「これはやばい!」と判断できたのはWMAの野外救急を受けていたから。医療機関になかなかアクセスできないフィールドで遊ぶことが多い人にとってはオススメの知識とスキルが学べます。興味のある方は↓
http://www.wildmed.jp/

by wazofamily | 2014-05-22 14:25 | 自然に生きる


<< 祝✿卒乳      母の日のプレゼント >>