心葉 kokoloha

kokoloha.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:エネルギー自給作戦( 12 )


2016年 06月 29日

フリーエネルギーとEM菌で糞尿を液肥に

f0258061_7134742.jpg

野菜を育てて、鶏を飼って、家を建てて。創造する暮らしが楽しくていろいろやってる毎日です。そんなライフスタイルでなかなかうまくいってなかったウンチとオシッコの「再」創造。これまでコンポストトイレで何年もやってきたけど、発酵させる手間をかけられずにいて、畑にただ戻すだけという作業をしていた。

「ミミズやウジムシなどによって分解は進むけど、それは「腐敗」いう分解で、野菜たちにとっては好ましくない」

という、僕にとっては衝撃的な話をしてくれた方がこんなアドバイスをしてくれた。

「本当に好ましい分解は微生物による分解なんだよ。」

そこから、微生物への関心が深まり、EM菌の培養をしはじめた。微生物を調べるととても楽しい。地球にオゾン層がなかった時代、たくさんの放射能が降り注いでいたらしいのだけど、その放射能を食べる光合成細菌がたくさん存在していたんだって。今、福島で EM菌を使って米作りをしている田んぼでは、放射能が検出されないそうです。微生物は放射能を食べる!チェルノブイリで日本の発酵食品が被爆した体に良いといわれていたことも、微生物によるものなのかもしれないです。僕の体内に住む1000兆もの微生物の力を信じる最近です。

そんな理由で、EM菌のみんなに、ウンチとオシッコを野菜の栄養に転換してもらおうという考えに行きつきました。そして、その活動を活性化させるためにフリーエネルギーの導入です。

f0258061_7375282.jpg

この円柱のボックスは、今までにない概念と装置で「水」や「空気」などの環境を浄化させることのできるもので、テネモスというフリーエネルギーを研究している組織が開発したマナーウォーターというものです。

自然の法則は、本来「0(ゼロ)=中庸」に戻るように定まっているので、わざとギャップをつくることで、自然に戻そうとするエネルギーを発生させることが出来るそうです。その中でも「低気圧」と「高気圧」といった「圧」をベースとしたギャップをこのマナーウォーターでつくりだすことで「吸引サイクル」という流れが起き、空気中から電子を呼び集めるようになるそうです。

人間も同じであり、このサイクルの人は、自然に電子を集めることが出来るので、病気になりにくかったり、病気になっても自然治癒能力が非常に高いようです。これと逆のエネルギーのタイプが「放出サイクル」であり、現代の世の中は、人間も製品も含めてほとんどがこのサイクルでエネルギー(電子)が抜けていってしまっているそうです。

f0258061_7473672.jpg

このマナーウォーターに屋久島の花崗岩をいれて、ブロアーから送られてくる空気の粒をさらに細かくして表面積を大きくすることで、分解を加速させてくれるらしいです。

f0258061_7495218.jpg

東京の神田川で遊んでいた小学生のころから抵抗のあった地球の血管である川を汚す下水道。自分の家だけはせっせと綺麗にして、汚いものを下水道に流したらあとは知らんぷりのカルチャーを代表する水洗のトイレにとても抵抗があったのだけど、屋久島に住み始めて8年目にして水洗トイレスタート!

流したら自分のライフスタイル内で利用する暮らしを。

2つの500Lのタンクがいっぱいになるころには、匂いはほとんどなくなってます。3日前から畑に追肥としてまき始めてます。野菜たちがどんな成長をみせてくれるのか、これからが楽しみです。

エネルギーの循環がまた一つ深まったアペルイからのお便りでした。
[PR]

by wazofamily | 2016-06-29 07:58 | エネルギー自給作戦 | Comments(0)
2016年 04月 21日

給油ステーションの構築

f0258061_7331980.jpg

アペルイではハイエースを廃油で走らせています。ホテルや飲食店からいただいた使用済みの油をいかに快適に車に給油するか、いろんな人に聞いたり調べたりして、こんな感じでシステムを作りました。


f0258061_7411146.jpg

いただいた廃油をドリルポンプをつかって透明の容器に吸い上げてます。ドリルポンプはインパクトで気軽に流動物を下から上に運べます。なぜ、廃油タンクを持ち上げて注がないかには理由があります。それは下に沈殿した固形物のゴミが、タンクを傾けたときに拡散して混じってしまうからです。タンクを傾けずに静かに吸い上げられるドリルポンプ、とても便利です。自家発電で充電したバッテリーでインパクトを動かすのが、次なる夢!

透明の容器には2つのエアーフィルターがとりつけてあって、小さなゴミをここで取り除き、最終的に廃油は青いドラム缶にストックされます。

f0258061_7544027.jpg

その油を、またまたドリルポンプをつかってタンクへ。記念すべき最初の給油は長男坊が担当。

「ちょっと怖い~」と緊張気味のコウヘイ。
初めてのことはワクワクドキドキなんだなあ。
真剣な眼差しでインパクトをまわしてる表情が印象的でした。

スローライフはとても忙しい。

そんな暮らしの中でも「創りあげる苦労と喜び」を子と共感していきたいです。

さあ、アペルイに廃油ステーション完成しましたぜ!
さあ、次は何して遊ぼうかな。
[PR]

by wazofamily | 2016-04-21 08:08 | エネルギー自給作戦 | Comments(0)
2015年 11月 12日

ディーゼル車を天ぷらカーに

f0258061_8275259.jpg

屋久島の家庭やホテルなどで揚げ物をした後にでてくる廃油。これを燃料にしちゃう天ぷらカーを作るために広島県にある「桜の山農場」にやってきたよ。

これで、再生不可能エネルギーである石油から持続可能なエネルギー資源へ1速シフトアップできたかな。

再生不可能なものは、地球上でとても大切で貴重だから、お金という武器を使って買(奪)いとって、ジャブジャブ使っちゃおうぜ!という社会構造が自分は好きになれない。大切なものはできるだけ未来に残しておきたい。

f0258061_8284214.jpg


「じゃあ、他に何を利用できるんだろう」

「あっ、俺てんぷらの油でトラック動かしてるぜ」

「えっ、マジっ?!」

「マジっ!」

「じゃあ、俺もそのUFOみたいな車乗りたいから、作るの手伝ってよ」

「いいよ!」

f0258061_829435.jpg


世界を変えることはとてつもなく難しいことだけど、自分を変えてゆくことはとても簡単。1秒先の未来にでも実現できちゃう。自分がその気にさえなれば。そして、この星で生きてる人を仲間と思えれば。

自分にできないことを、できちゃう人は世界中にたくさん存在していて、その人たちと繋がることで、確実に自分の思い描く夢は実現していく。

f0258061_8294127.jpg


天ぷらカーは、ゴールじゃないよ。世界中のみんなが天ぷらカーに移行したら、廃油がとても貴重になって、今の社会構造を生み出す人間の価値観では、奪い合いがきっと起きてしまうから。でも、今は固めるテンプルなんかで固めてゴミ袋にポイッと廃棄して、それをまたエネルギーを使って焼却してる。この無駄遣いをどうにかしたいっていう考えのもと、天ぷらカーはとても可能性を秘めてると僕は思ってます。

でもでも。いつかは、水や空気で車が動く時代が必ずやってくる。こうやって僕が文章を書いている間にも、世界のどこかで熱い車業界の人たちが、奪い合いの起きない燃料で動く車を開発してくれている。

その日が来るまで、今日からこの「革命号」ハイエースを愛車にして、お腹が空いてくるいい香りのする排気ガスを出しながら、屋久島を冒険しにきた老若男女の旅人さんたちを自然の中に連れていくぜ!

f0258061_830981.jpg


革命を支援してくれた耕太郎くん、キャンヤマくん、カイくん、ありがとう!

改造の工程は耕太郎くんがブログに詳しく載せてくれているので、興味のある方は是非読んでみてください↓

1日目の作業工程→http://ameblo.jp/sakuranoyama/entry-12092391222.html?timestamp=1446757834
2日目の作業工程→http://ameblo.jp/sakuranoyama/entry-12092685914.html?timestamp=1446818193
[PR]

by wazofamily | 2015-11-12 08:20 | エネルギー自給作戦 | Comments(0)
2014年 11月 26日

風呂焚き

f0258061_09554659.jpg


一つ一つ家事をまかしながら、自分の役割と自尊心を育んで欲しいと思っている。

少しずつ自分のものにしていく洸平

この火のように生きぬく力が小さく宿りはじめている


[PR]

by wazofamily | 2014-11-26 09:54 | エネルギー自給作戦 | Comments(0)
2014年 11月 09日

家族の一員

f0258061_09390186.jpg
野外調理で使用していたストーブを室内に

今年も薪ストーブの季節が我が家にやってきた


[PR]

by wazofamily | 2014-11-09 09:38 | エネルギー自給作戦 | Comments(0)
2014年 01月 04日

脱LPガス

f0258061_10846.jpg

「解約したいんですけど。」

「あ、今日家出るんですね。」

「いえ。家にはい続けます。」

「じゃあ、オール電化にするんですね。」

「いや。電気じゃなくて全部薪でやっていこうと思ってるんですよ。」

「はあ・・・・・・。」


和蔵2014プロジェクト1は脱LPガス。今日、ガス屋さんに解約の旨を伝え、プロパンガスを撤去してもらいました。何か中学校の期末試験が終わったかのような爽快な気分。島に来て、歯磨き粉に、シャンプーに、洗剤に、テレビに・・・いろなものを使わない暮らしをしてきて感じることは、捨てるたびに身軽にシンプルになっていく快感。

太平洋戦争、湾岸戦争、イラク戦争。 すべての争いの原因はエネルギーの奪い合い。自国にたっぷりエネルギー資源があるのになぜ先進国は、他国にエネルギーを頼るのか、20代から謎でした。最近、「なぜ」がわかりはじめてくると、国際金融資本の力(グローバリーゼーション)が強大すぎて、その影響すらわからないままに盲目的にその力に翻弄される末端の僕らがいることに気づかされます。

世界平和をハードコアに求めれば、自然以外の何からも翻弄されない自立した自由な暮らしは、エネルギーの自給からはじまるとおもってます。それって大変じゃない?

いやいや!火のある暮らしは楽しい。家族が集まってくる。温かい。薪集めでいい汗がかける。料理が豪快で野性的にうまい。もちろんおのずと焼酎もうまい。お金稼ぎで暮らしが振り回されない。

いいことづくめ。

次は、家の完成を目処に、電気の自給を目指します!
これ、和蔵2014プロジェクト2なり。

ちなみに、これは正解じゃなくて、僕らだけが思う世界平和の地道な活動(遊び)なので、面白おかしく読んでくれたら嬉しいです。世界の人口が今、70億人を突破したそうです。70億通りの多様な平和が2014年に、訪れますように!

願うだけでは何も変わらないのは世の常。自分のできることから行動へ。

今日は記念すべき脱PLガス一日目。夕食は、朝炊いたご飯の残りを、鉄板で豪快に炒めたチャーハン。薪が焼けた香りが混じって、うまいっ!
[PR]

by wazofamily | 2014-01-04 10:07 | エネルギー自給作戦 | Comments(0)
2013年 02月 08日

順調に核分裂

f0258061_16182293.jpg

我が家の原「始」力格納容器にある核は放射能を漏らさず、順調に核分裂を起こし、安定したエネルギーを供給してくれています。核の基になるのは厄介なウランではなく、生ゴミと雑草と少々の畑の大根葉。野菜を食べられてしまうのは少し改善しないとだなあ・・・と、まあ原始力村「和蔵」はまだまだ不完全ですが、努力を惜しまず改良を重ねていこうと思う所存でございます。

この原始力村にまもなく待望の新たな命が誕生します!にぶい痛みがアユミの腹部にあらわれはじめているのであと数日で新メンバーが増員されると思われます。

無事生まれてくるんだぞー!
[PR]

by wazofamily | 2013-02-08 16:18 | エネルギー自給作戦 | Comments(0)
2013年 01月 11日

安心&安全な原始力

f0258061_1411416.jpg

我が家の原「始」力は薪とニワトリ。この2つの力を多分に借りながら屋久島で暮らしてます。

薪→暖房、風呂焚き、料理、心を落ち着かせる焚き火、薪をつくると筋肉が自然とパワーアップする、夜飯がうまい、もちろんビールもうまい、夜は爆睡。

ニワトリ→肥料(肥料)、卵、害虫の捕食、生ゴミを食べてくれる、雑草を食べてくれる、畑をつっついて耕してくれる、観察しているとホッコリとしてくる。などなど

島ぐらしは全く飽きず楽しくなっていくばかりだ。
もっと自然を知っていけば、もっと想像力は磨かれ暮らしは豊かになっていく予感がビシビシとしている。

これからは人間の遺伝子を破壊してしまう放射能を生み出す原子力ではなく、生きものと共に生きていく「安心&安全な原始力」を!
[PR]

by wazofamily | 2013-01-11 14:01 | エネルギー自給作戦 | Comments(0)
2012年 12月 23日

ロケットストーブ作り

f0258061_95502.jpg


今日は「うみがめのたまご屋久島」という団体の寄付活動である「ロケットストーブ作り」に家族で参加してきました。参加費は、福島の方々に野菜を送るための資金となるようです。

写真が完成品。材料はペール缶とエントツだけととてもシンプル。ペール缶はガソリンスタンドにいけば「2個でいいのか?もっと持っていけ!」なんて言われるほど喜んでくれちゃいます。作業時間も1時間と簡単に作れてしまう。

そして、自宅の薪ストーブではありえなかったスピードで、やかんのお湯がわいちゃいます。これには本当にびっくりで目からウロコでした。この火力なら調理にも十分使えそうだ。人間の特権である高度の脳みそをもっとフル回転させていけば、もっと楽しい豊かなアイテムが作れそうだよねー!とみんなが盛り上がっちゃうほど、ロケットストーブの威力は豪快でした。まさにロケット!

これで脱プロパン&脱原発へ一歩近づいたぜ!
うみがめのたまご屋久島さん、ありがとうございました!
[PR]

by wazofamily | 2012-12-23 09:54 | エネルギー自給作戦 | Comments(0)
2012年 12月 20日

自家発電を実現したい

f0258061_9494368.jpg

再生可能なエネルギーであるこの薪たちが電力に!?

まだとある業者に問い合わせ中なのですが、発電機能を兼ねそえた薪ストーブがつくれるようです。そのほか、給湯と調理もできるようで、これが導入できれば、画期的にライフスタイルを変革できる。そして、調子に乗ってる電力会社が崇拝する原子力の力を借りずに自立できる。

屋久島は水力発電なので直接的には原発の恩恵は受けてませんが、何とか自家発電を実現してやりたいです!
[PR]

by wazofamily | 2012-12-20 09:47 | エネルギー自給作戦 | Comments(0)